今日の迷言・余言・禁言

ドバイが一番ではなかった

現在世界一の高層ビルと言えばドバイにある「ブルジュ・ハリファー」828mです。いかにも「ドバイ」という感じのロケット型のビルです。このビルが“1位の座”から近々転落するらしいのです。転落と言っても、同じビルオーナーが建設するビルで“ちょっとだけ高い”という程度のビルらしいのです。ところが、これらをはるかにしのぐのがサウジアラビアのジッダで建設中の超高層タワーで1000mを超えるとされています。原油価格の下落で経済に亀裂が入っている国で、大丈夫なのかと気になります。「世界一の高層ビル国」は意外にも中国です。どうしてかというと世界の“高層ビル・ベスト20位”までのうち、その半分を中国のビルが占めているからです。それも、ここ1~2年のうちに急速に増えたのです。ところで日本では「あべのハルカス」300mが133位で入っているのが最高です。う~ん、ちょっとさびしいかな。けれども旧約聖書「創世記」第11章には「バベルの塔」の物語が出てきます。人は“一つの言語でまとまって”神に挑戦しようと天空に届く建物を建てるのですが、神は快く思わず“崩壊させる”物語です。つまり神様は嫉妬深いので人類をまとまらせないように天空ビルを壊し、それぞれ何を話しているか、何を考えているか解らなくさせ、世界に人類を分散させたという物語です。“天空に届くビル”は、神の“破壊の対象”となるのです。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.