今日の迷言・余言・禁言

ネズミは何故「鼠」でなく「子」なのか

来年は言うまでもなく「子(ネズミ)」年である。そんなことは誰でも知っている。では何故「鼠(ねずみ)」ではなく「子(ねずみ)」と書くのだろうか。いや「ネズミ」だけでなく「ウシ」でも「トラ」でも「ウサギ」でも、なぜか「牛」ではなく「丑」と書き「虎」ではなく「寅」と書き「兎」ではなく「卯」と書く。みんな違うのだ。元々が「動物を意図したものではないから…」と言われそうであるが、実は、それも俗説だ。元々、動物を意識していた可能性は大いにある。例えば「ネズミ」にしても、鼠の繁殖力を意識していた可能性は大きいのだ。なぜなら原初の「ネズミ」に当てはめられた甲骨文字(漢字のもとになった文字)は“幼児の頭”の象形で、なぜ“幼児の頭”なのかというと、あっという間に毛髪が増えていく。その“部分”を重視して与えられた文字だからだ。もう一つの意味があって、実は古代中国の「殷王朝(彼ら自身は「商王朝」と呼んだ)」では「冬至朔旦(とうじさくたん)」というものを重視した。つまり、一年で一番日が短い“冬至の日”に、月の見えない“新月”の日が重なることである。古代において、月のない夜は暗い。しかも、一年で一番“夜の長い日”だ。つまりは“真っ暗闇の日”それが「冬至朔旦」なのだ。けれども、その日は同時に“蘇りの日”でもある。古代人たちは、その翌日からは少しづつ日が長くなって、月明かりもかすかではあるが復活していくことを経験的に知っていた。つまり、陰・陽の「陽」が復活し始める日なのだ。そこで、その日に“祖父の魂”の受け継ぎが行われる。つまり、産れて間もない幼児に、偉大なる王であった“祖父”の御霊を額から混入するのだ。「父親」から「男児」ではなく「祖父」から「男孫」に“混入の儀式”を行う。そうすることで、亡くなった祖父は「新たなる王」として孫の時代に生まれ変わる。冬至朔旦は、そのための重要な儀式の日となる。したがって“冬至”が存在する「月」は「子(ネズミ)」となる。十二支というのは、元々は各月の“重要な行事”を動物の名を借りながら当て嵌めていったモノなのだ。けっして「年」に対して当て嵌めたものではない。最初の頃は「年干支」は存在しなかった。「日干支」のみが存在し、30日と29日のカレンダーを構成していた。太陰暦なので31日というのはない。1日というのは、いつも“真っ暗闇”なのだ。真っ暗闇から生まれて、徐々に世の中を照らしていく。古代の王は、だから偉大だったのだ。


最近の記事はこちら

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

「美術館女子」が、なぜ悪いのか⁉

私はいつも思う。どうして「みんなと同じ」でなければいけないのだろう。どうして「同じ感覚」「同じ考え方」「同じ意識」にもっていきたがるのだろう。そうでなければ、許さない、といった雰囲気を作り上げるのだろ…続きを読む

都知事選より面白い「5人の美女」の闘い

昔から「女の闘い」というのは熾烈なもので、それも“5人もの闘い”ということになれば、熾烈を極めるのは言うまでもない。「東京都知事選」の陰に隠れる形で秘かに行われるはずだったが、ここに来て俄然注目を集め…続きを読む

私に「神とは何か」を教えた小説群

私は外国の小説をあまり読まないので、海外の「宗教小説」については知らない。けれども、日本の宗教小説は十代から二十代にかけていろいろと読んだ。その中で“キリスト教”に関連する小説は、遠藤周作氏の小説が“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.