今日の迷言・余言・禁言

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に出演中でもあった。日本人の母とインドネシア人の父との間に産まれ、母親も女子レスラーとして活躍していたので、デビュー当時からスターの素質を持ち、アメリカでも活躍できると期待されていた女子レスラーだった。本職のプロレスで悩んでいたのではなく、出演していた「テラスハウス」における言動が、視聴者からSNSで多数の誹謗・中傷を浴び、生きていく意味を見失ってしまった…。近年、SNS上の誹謗・中傷が狙われた人の心身を破壊していくケースが多くなっている。人間というのは「見える敵」は防御できても「見えざる敵」には打つ手がないので脆いのだ。肉体的な脅威には強いレスラーも、精神的な脅威には、ましてやそれが“見えざる敵”であればなおのこと、あっけなく崩れていく。その“見えないこと”を良いことに、誹謗・中傷で襲い掛かってくる輩たちがいる。私などでも、たまにネット上でこき下ろすような不届き者がいる。私は、だから無記名で何か言ってくるような人物には、必ず「名を名乗れ‼」と言う。江戸時代、市中において背後から切り付けて来るような輩に対して、剣豪は必ず「名を名乗れ‼」と、まずは応じた。そうすると昔の武士達は、必ず、名を名乗って、同時に襲う理由も述べて、それから再び切り付けて来る、という悠長なことを行った。けれども、考えてみれば、日本らしい“潔さ”が感じられる一コマでもあった。今日のSNSでも、日本でなら、日本人ならば、このような形で“決戦する”くらいの“潔さ”は残っているのではないだろうか。そういう風に、日本では取り決めてしまえば、今後、無意味な誹謗・中傷、及び悪意ある誹謗・中傷は減っていくのではないだろうか。よく、SNSにおける“口コミ”を無記名だから本音で言える、という人がいるが、無記名だから“嘘もつける”し“傷つけても”罰せられない。書かれた方は、それを否定しても信じてもらえないケースが多いのだ。特に、社会的に“力を持っている存在”が、“力を持っていない者”の言動を押しつぶそうとするとき、数の力によって“抹殺”を計るのに無記名は都合が良いのだ。そういう意味でも、無記名の誹謗・中傷を野放しのままにしておいてはならない。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.