今日の迷言・余言・禁言

バブル企業が消えていく

5月10日、一つの企業が事業停止に追い込まれた。前に書いた“旅行会社てるみくらぶ”もそうだったが、今回の「(株)ジュネビビアン」も1986年8月の創業、まさに“バブル上昇期”に誕生した企業である。華やかなパーティードレス等を主として扱い、時流に乗って急成長し90年2月には24億の売り上げを誇った。そして、バブルの終焉と共に売り上げが急降下していき、近年は“格安ドレス”の進出や拡大などもあって、業績が低迷していた。実際「ビビアン」のドレスと、“格安通販”のドレスとを比較してみたが、一桁価格が違うのだ。見た目的には、そんなに極端に“違う”という印象を受けない。これでは“格安ドレス”の方に客が飛びつくのも仕方がない。多分、需要としてはキャバクラなどで働く女性たちが一番なのではないだろうか。昨今の若い女性たちは毎夜、パーティーに出席したりしない。結婚式とか祝賀会とかも、最近は地味で実用的なフォーマル・ファッションが多い。これでは売り上げが伸びるはずがない。まあ毎晩のようにパーティーなどが開かれたバブル期の方がどうかしていたのだ。それにしても、バブル期に創業した企業が、また一つ消えた。その売り上げがピークに達した90年2月というのは、正に“バブル絶頂”の時で、この時期を境に日本の景気は急下降していく。文字通り“バブルで産れバブルに消えた企業”の代表選手のような企業と言える。或る意味では、よくここまで持ちこたえて来た、と評価すべきかもしれない。最近では“格安のドレス”は何千円で手に入る。もはや「ドレス」と呼んで良いのかどうかさえ、ためらうほどである。別に“本格的バブル”は望まないが、せめて“ミニバブル”程度の景気の良さは、やって来た方が心身とも潤うような気がするのだが…。


最近の記事はこちら

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改…続きを読む

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.