今日の迷言・余言・禁言

バブル企業が消えていく

5月10日、一つの企業が事業停止に追い込まれた。前に書いた“旅行会社てるみくらぶ”もそうだったが、今回の「(株)ジュネビビアン」も1986年8月の創業、まさに“バブル上昇期”に誕生した企業である。華やかなパーティードレス等を主として扱い、時流に乗って急成長し90年2月には24億の売り上げを誇った。そして、バブルの終焉と共に売り上げが急降下していき、近年は“格安ドレス”の進出や拡大などもあって、業績が低迷していた。実際「ビビアン」のドレスと、“格安通販”のドレスとを比較してみたが、一桁価格が違うのだ。見た目的には、そんなに極端に“違う”という印象を受けない。これでは“格安ドレス”の方に客が飛びつくのも仕方がない。多分、需要としてはキャバクラなどで働く女性たちが一番なのではないだろうか。昨今の若い女性たちは毎夜、パーティーに出席したりしない。結婚式とか祝賀会とかも、最近は地味で実用的なフォーマル・ファッションが多い。これでは売り上げが伸びるはずがない。まあ毎晩のようにパーティーなどが開かれたバブル期の方がどうかしていたのだ。それにしても、バブル期に創業した企業が、また一つ消えた。その売り上げがピークに達した90年2月というのは、正に“バブル絶頂”の時で、この時期を境に日本の景気は急下降していく。文字通り“バブルで産れバブルに消えた企業”の代表選手のような企業と言える。或る意味では、よくここまで持ちこたえて来た、と評価すべきかもしれない。最近では“格安のドレス”は何千円で手に入る。もはや「ドレス」と呼んで良いのかどうかさえ、ためらうほどである。別に“本格的バブル”は望まないが、せめて“ミニバブル”程度の景気の良さは、やって来た方が心身とも潤うような気がするのだが…。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.