今日の迷言・余言・禁言

バブル企業が消えていく

5月10日、一つの企業が事業停止に追い込まれた。前に書いた“旅行会社てるみくらぶ”もそうだったが、今回の「(株)ジュネビビアン」も1986年8月の創業、まさに“バブル上昇期”に誕生した企業である。華やかなパーティードレス等を主として扱い、時流に乗って急成長し90年2月には24億の売り上げを誇った。そして、バブルの終焉と共に売り上げが急降下していき、近年は“格安ドレス”の進出や拡大などもあって、業績が低迷していた。実際「ビビアン」のドレスと、“格安通販”のドレスとを比較してみたが、一桁価格が違うのだ。見た目的には、そんなに極端に“違う”という印象を受けない。これでは“格安ドレス”の方に客が飛びつくのも仕方がない。多分、需要としてはキャバクラなどで働く女性たちが一番なのではないだろうか。昨今の若い女性たちは毎夜、パーティーに出席したりしない。結婚式とか祝賀会とかも、最近は地味で実用的なフォーマル・ファッションが多い。これでは売り上げが伸びるはずがない。まあ毎晩のようにパーティーなどが開かれたバブル期の方がどうかしていたのだ。それにしても、バブル期に創業した企業が、また一つ消えた。その売り上げがピークに達した90年2月というのは、正に“バブル絶頂”の時で、この時期を境に日本の景気は急下降していく。文字通り“バブルで産れバブルに消えた企業”の代表選手のような企業と言える。或る意味では、よくここまで持ちこたえて来た、と評価すべきかもしれない。最近では“格安のドレス”は何千円で手に入る。もはや「ドレス」と呼んで良いのかどうかさえ、ためらうほどである。別に“本格的バブル”は望まないが、せめて“ミニバブル”程度の景気の良さは、やって来た方が心身とも潤うような気がするのだが…。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.