今日の迷言・余言・禁言

パターン化「少女像」は芸術作品とは言えない

今、名古屋が“熱い”。どうして“熱い”のかというと、企画展「表現の不自由展・その後」に出展された「少女像」を“撤去する・しない”で問題となっているからだ。この企画展は何故か「国際芸術祭」の中に含まれていて、ジャーナリストの津田大介氏が監督をしている。芸術祭なのだが“ジャーナリスト”本業の津田氏が“総合監督”なのだ。まず、ここがよく解からない。芸術作品の展示会なら、やはり“芸術家”を持って来るべきで、なぜ、クセのあるジャーナリストに依頼したのだろう。もしかしたら、彼の方から“持ち込んだ企画”なのだろうか。問題の彫像制作者はキム・ソギョン&キム・ウンソン夫妻で正式名称は「平和の少女像」という。韓国が世界に設置し続けている“従軍慰安婦像”のことである。もちろん、この像には横に腰掛けがついていて、慰安婦と一緒に写真が撮れるという“お決まりの彫像作品”だ。名古屋の河村たかし市長は、この展示のことを7月31日まで知らなかったらしい。昨日、展示物を確認して、改めて“展示中止”の要請を行った。日韓関係が“対立状態”にある今のような時期に、神経を逆なでするような作品を“企画展”として展示することは、“争い”を助長することはあっても“平和”をもたらすことにつながるとは到底思えない。この中止要請に対して、津田大介監督は「芸術の自由な表現が制限される」として不満ながらも、一応どうすべきか対策を協議中としている。確かに、芸術の“自由な表現”に対して、政治が介入するのは良くない。けれども、この芸術祭に対しては愛知県から8億円、名古屋市から2億円の税金が投入されているのだ。わざわざ県民や市民の税金を投入してまで展示すべきものがどうかは、考えずとも解かりそうなものである。それに、一番の問題は、あの「少女像」は“平和を訴える”ことを意図しているというのだが、ただ単に椅子に座っているだけであって、少しも芸術的ではない。もし本当に“平和”を訴えたいなら、もう少し“芸術的な彫像”で訴えるべきである。「従軍慰安婦の横に座って写真を撮れますよ」という作品は、まるで「慰安婦はアイドルでした」という風な主張にしか私には思えない。実は、この監督を務めている津田氏の作品には、安倍首相・菅官房長官の顔を並べて、その二人が口を開け女性のハイヒールのヒール部分を咥え込んでいるという彫像があって、それも展示してある。これも、芸術作品としてはあまりにも稚拙すぎて笑えない。要するに津田大介氏を起用した時点で、この企画展が芸術とはおよそかけ離れた“特異な思想”の展示会になることは明らかだったのだ。


最近の記事はこちら

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳まで…続きを読む

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような…続きを読む

「35歳」を境に“運命”が大きく変わる職業

アンケートとか調査データには、時々首をひねるようなものがある。このほど公表された「未婚率と職業との関係性」を示すデータはさまざまな点で興味深いのだが、私がもっとも注目したのは、35歳を境として「結婚し…続きを読む

惑星同士の“0度”“180度”が表わす「謎の縁」

俳優の高倉健氏が亡くなって、もう5年の歳月がたった。その5年目の出版を意識したのかどうかは知らないが、高倉健氏の“養女”であった小田貴月氏が書き記した『高倉健、その愛。』が好調な滑り出しを示していると…続きを読む

「才能」と「犯罪」を突き動かすもの

最近、才能のある人が自ら犯罪を犯す、或いは犯罪に巻き込まれる、というケースが多い。人間はもともと弱いので、それが「犯罪」と認識していても、ちょっとぐらいは…という風な気持ちで巻き込まれてしまうケースも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.