今日の迷言・余言・禁言

ビリでも優勝することがある

世の中には“珍事”というものが時折起こる。過日行われた岡山県のマラソン大会“小学生の部”で、この大会に参加していた263人中262人がコースを間違い、ただ一人、最後で走っていた児童だけが、係員が自転車で並走していたため、正しいコースを外れることなく完走した。他の児童たちは、途中で左折すべきところを直進したため全員“失格”で、ビリで走った児童だけが“優勝する”珍事となった。実は人生にも“似たような運命”となる場合がある。子供時代は不遇で周りからもイジメられていた児童が、大人になって徐々に実力を発揮し、やがて中年すぎくらいから“スポットライト”を浴び、誰よりも活躍しているケースがある。同じように学生時代、お世辞時も可愛いとは無縁だった少女が、就職後も恋愛とは無縁だった女性なのに、お見合いで善い人と結婚をし、子供達にも恵まれ、仲間の誰よりも幸せな家庭を築いている場合もある。周りよりも遅いとか、周りより劣っていても、希望を捨ててはいけないし、焦ってはいけないのだ。よく運命学では「大器晩成型」という言葉を使う。若い頃は恵まれていなくても、中年期以降になって花開いていく人生を指す。そういう人たちの特徴として、決して器用ではないが、真面目でコツコツと努力し、忍耐強く、一途なものだ。あまりにもひたすら努力し続けるので、神様が根負けして“幸運”を授けてくれるのかもしれない。同じように“不運続き”でも、これが良いと聴けばこれに飛びつき、あれが良いと聴けばあれに飛びつく、というような“目先の流行”や“世間の動向”に振り回されている人に神様はあまり味方しない。同じ努力でも、一歩、一歩、手応えを感じながら“亀のごとく”に歩みを進めていく人に、神は微笑むのだ。


最近の記事はこちら

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.