今日の迷言・余言・禁言

ビリでも優勝することがある

世の中には“珍事”というものが時折起こる。過日行われた岡山県のマラソン大会“小学生の部”で、この大会に参加していた263人中262人がコースを間違い、ただ一人、最後で走っていた児童だけが、係員が自転車で並走していたため、正しいコースを外れることなく完走した。他の児童たちは、途中で左折すべきところを直進したため全員“失格”で、ビリで走った児童だけが“優勝する”珍事となった。実は人生にも“似たような運命”となる場合がある。子供時代は不遇で周りからもイジメられていた児童が、大人になって徐々に実力を発揮し、やがて中年すぎくらいから“スポットライト”を浴び、誰よりも活躍しているケースがある。同じように学生時代、お世辞時も可愛いとは無縁だった少女が、就職後も恋愛とは無縁だった女性なのに、お見合いで善い人と結婚をし、子供達にも恵まれ、仲間の誰よりも幸せな家庭を築いている場合もある。周りよりも遅いとか、周りより劣っていても、希望を捨ててはいけないし、焦ってはいけないのだ。よく運命学では「大器晩成型」という言葉を使う。若い頃は恵まれていなくても、中年期以降になって花開いていく人生を指す。そういう人たちの特徴として、決して器用ではないが、真面目でコツコツと努力し、忍耐強く、一途なものだ。あまりにもひたすら努力し続けるので、神様が根負けして“幸運”を授けてくれるのかもしれない。同じように“不運続き”でも、これが良いと聴けばこれに飛びつき、あれが良いと聴けばあれに飛びつく、というような“目先の流行”や“世間の動向”に振り回されている人に神様はあまり味方しない。同じ努力でも、一歩、一歩、手応えを感じながら“亀のごとく”に歩みを進めていく人に、神は微笑むのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.