今日の迷言・余言・禁言

ビリでも優勝することがある

世の中には“珍事”というものが時折起こる。過日行われた岡山県のマラソン大会“小学生の部”で、この大会に参加していた263人中262人がコースを間違い、ただ一人、最後で走っていた児童だけが、係員が自転車で並走していたため、正しいコースを外れることなく完走した。他の児童たちは、途中で左折すべきところを直進したため全員“失格”で、ビリで走った児童だけが“優勝する”珍事となった。実は人生にも“似たような運命”となる場合がある。子供時代は不遇で周りからもイジメられていた児童が、大人になって徐々に実力を発揮し、やがて中年すぎくらいから“スポットライト”を浴び、誰よりも活躍しているケースがある。同じように学生時代、お世辞時も可愛いとは無縁だった少女が、就職後も恋愛とは無縁だった女性なのに、お見合いで善い人と結婚をし、子供達にも恵まれ、仲間の誰よりも幸せな家庭を築いている場合もある。周りよりも遅いとか、周りより劣っていても、希望を捨ててはいけないし、焦ってはいけないのだ。よく運命学では「大器晩成型」という言葉を使う。若い頃は恵まれていなくても、中年期以降になって花開いていく人生を指す。そういう人たちの特徴として、決して器用ではないが、真面目でコツコツと努力し、忍耐強く、一途なものだ。あまりにもひたすら努力し続けるので、神様が根負けして“幸運”を授けてくれるのかもしれない。同じように“不運続き”でも、これが良いと聴けばこれに飛びつき、あれが良いと聴けばあれに飛びつく、というような“目先の流行”や“世間の動向”に振り回されている人に神様はあまり味方しない。同じ努力でも、一歩、一歩、手応えを感じながら“亀のごとく”に歩みを進めていく人に、神は微笑むのだ。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.