今日の迷言・余言・禁言

ピラミッドの頂上が崩れていく時

「AKB選抜総選挙」で1位を獲得した松井珠理奈氏が自らの“誕生祭”を体調不良ということで休止した。今、AKBグループ関連のメンバーが総勢何名になるのか知らないが、そのトップが“総選挙”による1位であることは認めざるを得ない。それが望ましいことであるかどうかはともかく、ピラミッドの頂点に立ったのは事実であろう。ところが、どうも松井珠理奈氏は“危うさ”を抱えているようで、ファンから心配の声が上がっている。総選挙当日も舞台でのパフォーマンス中に二度も崩れ落ちた。どうやら三日間、不眠不食で挑んでいたらしい。私は、彼女らにそうさせる事務所側にも問題があると思うが、そうさせてまで勝利を勝ち取ろうとする雰囲気をあおる“総選挙の仕組み”そのものが、常軌を逸したところにまで来ているような気がするのだ。表現は悪いが、“キャバ嬢”や“ホスト”の「指名獲得競争」と同列のところまで来てしまっているような気がする。競争社会なのだから仕方がない、と言ってしまえばそれまでだが、彼女たちは“キャバ嬢”や“ホスト”ではない。日本を代表する“アイドルグループ”であり、その半数以上はまだ十代である。投票している側にしても、その半数以上は十代なはずだ。そこに問題がある。つまり青少年の多くは、社会というものにおいては「人気」が全てなのだという“間違った概念”を植え付けられてしまうことになる。しかも、その“人気”には、ただ単なる人気だけではなくて「金」や「組織」が陰から“うごめいた”結果としての“人気”なのだ。これらを“世の中の正しい評価”として、青少年たちは生きていく。けれども実際の世の中は、必ずしも“人気”だけですべてが決まるものではない。“人気”に縋りついた人生はきわめて危うい。おそらく、松井珠理奈氏もいずれ“人気”というものが「魔物」だったということを徐々に知っていくことになるだろう。そしてAKBグループという“ピラミッド社会”の「頂点」が崩れ始めた時、あまりにも脆く“ピラミッド”全体像が崩れていくのを放心しながら見届けることになるに違いない。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.