今日の迷言・余言・禁言

ピラミッドの頂上が崩れていく時

「AKB選抜総選挙」で1位を獲得した松井珠理奈氏が自らの“誕生祭”を体調不良ということで休止した。今、AKBグループ関連のメンバーが総勢何名になるのか知らないが、そのトップが“総選挙”による1位であることは認めざるを得ない。それが望ましいことであるかどうかはともかく、ピラミッドの頂点に立ったのは事実であろう。ところが、どうも松井珠理奈氏は“危うさ”を抱えているようで、ファンから心配の声が上がっている。総選挙当日も舞台でのパフォーマンス中に二度も崩れ落ちた。どうやら三日間、不眠不食で挑んでいたらしい。私は、彼女らにそうさせる事務所側にも問題があると思うが、そうさせてまで勝利を勝ち取ろうとする雰囲気をあおる“総選挙の仕組み”そのものが、常軌を逸したところにまで来ているような気がするのだ。表現は悪いが、“キャバ嬢”や“ホスト”の「指名獲得競争」と同列のところまで来てしまっているような気がする。競争社会なのだから仕方がない、と言ってしまえばそれまでだが、彼女たちは“キャバ嬢”や“ホスト”ではない。日本を代表する“アイドルグループ”であり、その半数以上はまだ十代である。投票している側にしても、その半数以上は十代なはずだ。そこに問題がある。つまり青少年の多くは、社会というものにおいては「人気」が全てなのだという“間違った概念”を植え付けられてしまうことになる。しかも、その“人気”には、ただ単なる人気だけではなくて「金」や「組織」が陰から“うごめいた”結果としての“人気”なのだ。これらを“世の中の正しい評価”として、青少年たちは生きていく。けれども実際の世の中は、必ずしも“人気”だけですべてが決まるものではない。“人気”に縋りついた人生はきわめて危うい。おそらく、松井珠理奈氏もいずれ“人気”というものが「魔物」だったということを徐々に知っていくことになるだろう。そしてAKBグループという“ピラミッド社会”の「頂点」が崩れ始めた時、あまりにも脆く“ピラミッド”全体像が崩れていくのを放心しながら見届けることになるに違いない。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.