今日の迷言・余言・禁言

フランス映画はどこへ行った

10代から20代にかけて私は映画館へよく足を運んだ。そして、たくさんの映画を見たが、正直、記憶に残っている映画はそれほど多くはない。ただ、どうしてなのか忘れてしまったが、邦画よりも洋画の方を多く見たような気がする。中でもフランスの美男俳優であったアラン・ドロン主演の映画はよく見た。正直、どれも、内容はよく覚えていない。ただ彼には、妙に“もの悲しい表情”をするときがあって、それが“悪い奴”を演じる時、美しい横顔ゆえのリアリティを感じさせた。そこが気に入っていたのだ。だいたい映画などで“悪い奴”が、悪い奴らしい顔で出て来ても印象には残らない。アラン・ドロンのように“非の打ち所がない美男”が、それもかすかにもの悲しい表情を浮かべながら、黙ったまま殺していく姿には吸い込まれてしまいそうな魅力がある。最近の俳優たちは、確かに美しいかもしれないが“もの悲しさ”がない。それはたぶん、意図的に作り出せるものではなくて、持って生まれた、或いは過去の人生の中で自然に培われてしまった“哀しさ”なのだ。実際、アラン・ドロンは不遇な家庭環境で育ち、女性不振に陥り、外人部隊に入隊し、その後、世界放浪に出たりしている。そういう実際の履歴が、その美しい横顔に“翳り”を与えるのだ。眉尻は剣先のように尖り、人中は細くて潔癖そうである。そのアラン・ドロンが俳優業から引退するという。まだ現役で活動していたこと自体知らなかったが、次は最後の作品になるらしい。アラン・ドロンが日本で熱狂的に支持されていたころ、フランス映画そのものも脚光を浴びていた。ところが、いつの間にか日本でフランス映画が上映されること自体が極端に減ったような気がする。アメリカ映画は公開されるが、フランス映画はどうなのだろう。だいたい、日本ではアメリカ以外の“外国映画”そのものの上映が、近年、乏しくなったような気がしてならない。それだけ客の入りが良くないのかもしれないが、日本人受けする映画というのは、われわれが知らないだけで公開されているような気がするのだ。派手なアメリカ映画も良いが、時には“人生”を考えさせるヨーロッパの映画も観てみたい気がする。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.