今日の迷言・余言・禁言

“プロレスラーの変貌”に見る人生の歩み方

BSで“新日本プロレス”に関連したレスラーの個人特集をやっていて、それぞれのレスラーのデビューから現在まで“傑作選”を放映している。他のスポーツと違って、プロレスラーというのは外貌的にもパフォーマンス的にも“己の個性”を前面に出さないと生き延びることができない。ただ単に“強い”だけでは“パフォーマンス・ショー”としての魅力で観客を惹きつけることができない。極端なことを言えば“弱く”ても、観客を魅了し、楽しませることができれば“人気レスラー”として客を呼ぶことができるスポーツである。それだけに各レスラーが、デビュー時から徐々に“変貌していく姿”が、個人特集で年代を追っていくと大変にわかりやすい。元々が“肉体”を売る職業であるから或る程度の素質は必要だが、肉体的素質に優れていれば“成功できる”という職業でもない。時として“悪役”に徹しても人気を出せる不思議な職業なのだ。仮に観客を恐怖に陥れても、どこかに“人間的な魅力”や“共感性”を引き出すことができれば、或る種“演出力”が優れていれば、人は自分の中に潜んでいる“悪魔性”で親近感を持つ。“正義”だけが絶対ではないところも、どこか“我々の人生”を重ね合わせたくなる不思議なスポーツなのだ。人は自分自身では“己の魅力”を見つけられない場合が多い。意外なところに潜んでいる場合が多いからだ。自分が“引き寄せられるもの”の中には、無意識に“魅力の原石”が眠っている場合が多い。埋もれている“原石”となるものに、いち早く到達できた者こそが“輝く人生”を歩める秘訣のような気がする。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.