今日の迷言・余言・禁言

“プロレスラーの変貌”に見る人生の歩み方

BSで“新日本プロレス”に関連したレスラーの個人特集をやっていて、それぞれのレスラーのデビューから現在まで“傑作選”を放映している。他のスポーツと違って、プロレスラーというのは外貌的にもパフォーマンス的にも“己の個性”を前面に出さないと生き延びることができない。ただ単に“強い”だけでは“パフォーマンス・ショー”としての魅力で観客を惹きつけることができない。極端なことを言えば“弱く”ても、観客を魅了し、楽しませることができれば“人気レスラー”として客を呼ぶことができるスポーツである。それだけに各レスラーが、デビュー時から徐々に“変貌していく姿”が、個人特集で年代を追っていくと大変にわかりやすい。元々が“肉体”を売る職業であるから或る程度の素質は必要だが、肉体的素質に優れていれば“成功できる”という職業でもない。時として“悪役”に徹しても人気を出せる不思議な職業なのだ。仮に観客を恐怖に陥れても、どこかに“人間的な魅力”や“共感性”を引き出すことができれば、或る種“演出力”が優れていれば、人は自分の中に潜んでいる“悪魔性”で親近感を持つ。“正義”だけが絶対ではないところも、どこか“我々の人生”を重ね合わせたくなる不思議なスポーツなのだ。人は自分自身では“己の魅力”を見つけられない場合が多い。意外なところに潜んでいる場合が多いからだ。自分が“引き寄せられるもの”の中には、無意識に“魅力の原石”が眠っている場合が多い。埋もれている“原石”となるものに、いち早く到達できた者こそが“輝く人生”を歩める秘訣のような気がする。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.