今日の迷言・余言・禁言

マカオ政府が10年連続で市民へ現金配布

オーストラリアの投資銀行のレポートによれば、2017年と2018年のマカオのカジノ売り上げ見通しが引き上げられ、同時にその関連企業の株価目標も引き上げられた。2017年の事前予想が前年比12%増だったものが18%に、2018年の事前予想が6%増だったものが16%に引き上げられた。どうして引き上げられたのかというと、中国本土における超富裕層人口が予想よりも増加していて、それら一番のお得意様たちが増えると予想されるからである。中国は人口が多く、経済格差も激しいので表現が難しいのだが、確実に“超富裕層”や“一般富裕層”の比率が上昇している。解かりやすく言うと“金持ち”が増えている。そして中国の“金持ち”の多くは旅行好きである。特に「マカオ」には本土の“リゾート”ような意識があるので大挙訪れる。私はこれまで4回ほどマカオに行ったが、観光客の“中国人比率”が行くごと多くなる。極端なことを言うと「マカオ」は現在、世界1の“カジノ王国”になったが、中国人富裕層のおかげでなれたのだともいえる。マカオは日本人にとってもコンパクトに“世界遺産”が詰まっていて、おとぎの国のような“華やかなホテル”であふれていて、遺跡などの観光都市としても、カジノやショッピング中心の“遊びの街”としても十分に楽しめる。ヨーロッパのカジノの場合は服装などもチェックされるが、マカオのカジノではどんな服装でもOKである。短パン、草履履きで「大小」に夢中になっている“おっさん”としか呼びようのない人種も多い。しかし、そういう中国人たちのおかげで、マカオ政府は10年連続で市民に対して“現金配布”を行っている。今年の7月からは一人当たり12万5千円も配布してくれるのだ。もしかしたら、来年は、もっとかもしれない。実は2014年6月から2016年7月まで26か月連続前年割れが続いていた。しかし、昨年8月から持ち直して逆に増収・増益への転換している。とにかく街はどんどん整備され、市民への利益還元も惜しまない。日本では未だに“反対”する人が圧倒的に多い「カジノ法案」だが、市民にとってのプラス部分ももっと報道すべきではないだろうか。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.