今日の迷言・余言・禁言

マスクが「10枚入り10円」で“売られる日”⁉

ブームというのは“あっという間”に来て、“あっという間”に去っていく。そして、そのブームの“初期”に追従した人は“大儲け”出来るが、ブームの“終盤”に追従した人は“大損”をする。世の中というのは、そういう風に出来ている。「マスク」もそうなのだ。一時期、どこに行ってもマスクは見当たらなかった。それだけ、一気に多くの人々が欲しがって、需要に供給が追い付いていかなかったからだ。そして品薄になると、その品物は高騰していく。当然マスクも高騰した。けれども、そうなると、商魂の逞しい人たちは、それを商売に出来ないか、と考える。安く輸入して、高く売れば良いのだ。実際、そういう形で“その初期”に飛びついた人々は大儲けをする。さて、全国各地で「マスクが無い」というのがニュースになりだす。この時期に至って、ニュースになるくらいだから「自分のところでもマスクを売ったら大儲け出来るのでは…」と考える人が出てくる。遅いのだ。ブームというのは、何事も“その初期に”飛びつかなければならない。みんながやりだしてから腰を上げるような人は、“ブーム商売”に向いていないのだ。私は昔、誰もかれもが「たまごっち」を持っていた時、それを商売にし始めて大失敗した人物を知っている。既に、みんなが持っている頃、商売に取り掛かってはいけないのだ。マスクだって同じことである。現在、さまざまな業種の人達が「マスク商売」を始めている。特に関西はし烈だ。飲食店、食料品店、居酒屋、手芸品店、タピオカ店、化粧品店、さらには自販機…そういう形で、実にさまざまなところで、マスクが販売されるようになった。そうなると、今度は“高い”と売れなくなる。当たり前のことである。ところが、あとから“追っかけた”人達は、高いものを購入している。本来なら、そんなにするはずのない原価で購入しているのだ。当然、それ以上の価格で売らないと、儲けが出てこない。ところが、どこでも売っている状態になってしまうと、もう高い価格でなど、誰も振り向いてくれない。こうして、大量の“海外製マスク”が売れ残り、山積みされるようになる。おそらく、今月下旬頃にはそうなっていくのではないだろうか。「10枚入り10円」で売っていても、そ知らぬふりで通り過ぎていく人が出てくる日が、もう少しでやって来る⁉


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.