今日の迷言・余言・禁言

マスコミに“売る”少女の怖さ

このところ少女との“不適切な関係”で活動停止に追い込まれる芸能人が多い。今は昔と違って誰もがカメラマンとなる。録音もできる。本人に知られないよう記録を残し、それを基に“慰謝料”などを請求し、成立しなければマスコミに売る。ちょっとした「ワル」の手口を10代の少女が用いる。怖い時代になったものだ。もちろん、芸能人がファンの少女を強引にホテルに連れ込むなら、そちらの方も“危険な存在”で、どちらが悪いのか判断に苦しむ。ただ“マスコミに売る”という手法は、今や芸能人だけの問題ではない。一般人であっても、それが“興味深い内容”であれば、週刊誌などは飛びつく。したがって“性愛を含む関係”は、よほど相互に信頼性が無ければ、成立しない時代に入って来たといえそうだ。週刊誌や新聞などで「10代の少女」という見出しが躍るだけで、何となく何かがありそうで、人々はそれを読もうとする。つまり「10代の少女」という文言は“商品価値”があるのだ。けれども、実際には“10代の少女”と言っても実にさまざまである。中には“性風俗の世界”で荒稼ぎ(?)しているような“夜の女性”もいる。そういう人たちもひっくるめて「10代の少女」にしてしまうのは、何かが違うような気もする。さらに背後に“怖い男”が居て、その指示で動くような女性までいる。もう、そうなると“意図的な罠”であって、芸能人だろうが公務員だろうが関係なく、その“罠”にはまったが最後、金を搾り取られるか、社会的な立場を失うか、いずれにしろ“引っ掛かった方が悪い”という結末となる。誰もがカメラマンとなって証拠を残せる時代となった今、思わぬところに“危険な斜面”が潜んでいることを“酒癖”の良くない人たちは努々忘れてはならない。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.