今日の迷言・余言・禁言

マスコミに持ち上げられて「時代の寵児」になる人もいれば…

マスコミから「大バッシング」を受けて、人生を転落させてしまう人もいます。

本当は、必ずしも「マスコミ=国民の声」とは言えず、一部の人達の“熱狂”に過ぎなくても、マスコミが大衆を煽ることで、いつの間にか「寵児」に祭り上げられてしまう人もいます。

同じように、マスコミ大手が声を張り上げることで、いつの間にか「大バッシング」が向けられる人もいます。

マスコミが常に「正しい」とは限らないことを知っていなければなりません。


最近の記事はこちら

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

セレブは“告発“より“パーティー”がお似合い

モデルで社長の鈴木亜子氏公式ブログに、笑顔でドレス姿の松居一代氏の姿が掲載された。NPO主催のパーティに出席した控室で鈴木氏とのツーショット写真だ。ちゃんと化粧して、ちゃんとドレスを着たタレントで投資…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.