今日の迷言・余言・禁言

ミイラ取りがミイラに…文在寅…ならなければ良いが

何しろ、韓国の場合、大統領の“先行き”がことごとく良くない。自殺するとか、暗殺されるとか、逮捕されるとか…それでも、まるでそんなことなど知らないかのように“大統領に立候補”する人が出て来る。素晴らしい国だ。こうして再び、昨日、新たな大統領が誕生した。文在寅(むん・じぇいん)氏64歳。元々は人権派の弁護士だった。どこの国でもそうだが“人権派の弁護士”というのは経済面は弱い。今、韓国の最大の悩みは“経済面”にある。経済面に直接関係のない“日韓関係”など、まったく話題にもならない。つまり、そんなことにかまっていられないほど“今の韓国経済”は危ういのだ。この人は元々が“人権派の弁護士”だから、金銭面では“悪いことはしないはず”という思い込みがある。だから若者たちに圧倒的な支持を得た。ところが、この人には、一つだけ“注意しなければならない問題”がある。彼の両親が“北朝鮮からの避難民”だという点である。彼の四柱命式を見ると、母親からの影響力が強い。つまり、言い方としてはあまり良くないが“北朝鮮の血”が濃いのだ。だから、北朝鮮に対しては“融和政策”で挑むことを宣言している。仲良くしたいのだ。中国とも仲良くしたい。そして、アメリカや日本とは距離を置きたい。“別な民族”だからだ。本音でいえば、政治信条とか思想などではない。“血の宣言”なのだ。そこに、この人の一番の“危うさ”がある。日本はまだ良い。アメリカは生ぬるくなどない。単純なトランプ氏は文在寅氏の“北朝鮮融和策”を理解できないだろう。トランプ氏はビジネスとして金正恩氏とハンバーグを食べることはあっても、個人として安倍総理のように自宅に招いたりはしない。総じてアメリカ人は“何を考えているか解からない奴”は嫌いなのだ。その意味では、文在寅氏にも同じ印象を持つ。そうするとどうなるか。アメリカはビジネス面で韓国を“窮地に追い込んでいく”可能性がある。もちろん、日本も“反日”を真正面から掲げる韓国に寄り添うことは出来ない。もし、文氏が北朝鮮や中国との“蜜月政策”に失敗したなら、若者たちは黙っていない。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.