今日の迷言・余言・禁言

ミイラ取りがミイラに…文在寅…ならなければ良いが

何しろ、韓国の場合、大統領の“先行き”がことごとく良くない。自殺するとか、暗殺されるとか、逮捕されるとか…それでも、まるでそんなことなど知らないかのように“大統領に立候補”する人が出て来る。素晴らしい国だ。こうして再び、昨日、新たな大統領が誕生した。文在寅(むん・じぇいん)氏64歳。元々は人権派の弁護士だった。どこの国でもそうだが“人権派の弁護士”というのは経済面は弱い。今、韓国の最大の悩みは“経済面”にある。経済面に直接関係のない“日韓関係”など、まったく話題にもならない。つまり、そんなことにかまっていられないほど“今の韓国経済”は危ういのだ。この人は元々が“人権派の弁護士”だから、金銭面では“悪いことはしないはず”という思い込みがある。だから若者たちに圧倒的な支持を得た。ところが、この人には、一つだけ“注意しなければならない問題”がある。彼の両親が“北朝鮮からの避難民”だという点である。彼の四柱命式を見ると、母親からの影響力が強い。つまり、言い方としてはあまり良くないが“北朝鮮の血”が濃いのだ。だから、北朝鮮に対しては“融和政策”で挑むことを宣言している。仲良くしたいのだ。中国とも仲良くしたい。そして、アメリカや日本とは距離を置きたい。“別な民族”だからだ。本音でいえば、政治信条とか思想などではない。“血の宣言”なのだ。そこに、この人の一番の“危うさ”がある。日本はまだ良い。アメリカは生ぬるくなどない。単純なトランプ氏は文在寅氏の“北朝鮮融和策”を理解できないだろう。トランプ氏はビジネスとして金正恩氏とハンバーグを食べることはあっても、個人として安倍総理のように自宅に招いたりはしない。総じてアメリカ人は“何を考えているか解からない奴”は嫌いなのだ。その意味では、文在寅氏にも同じ印象を持つ。そうするとどうなるか。アメリカはビジネス面で韓国を“窮地に追い込んでいく”可能性がある。もちろん、日本も“反日”を真正面から掲げる韓国に寄り添うことは出来ない。もし、文氏が北朝鮮や中国との“蜜月政策”に失敗したなら、若者たちは黙っていない。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.