今日の迷言・余言・禁言

ミサイルより怖い「ハリケーン」&「集中豪雨」

「ミサイル」が怖くないとは言わない。けれども、もっと怖いのは確実に襲って来る“ハリケーン”やや“集中豪雨(台風?)”、それに“大地震”だ。まさに今、それらがアメリカ&日本&メキシコを襲っている。こういう「大自然の脅威」は、相手が“物言わぬ生命体”で話が通じないだけに、逃げる以外の手立てがない。だからフロリダ州では630万人に“避難命令”が出た。科学の最先端を行くアメリカだが、どうもこの種の“猛威”には弱いらしく、未だに“逃げる”以外の対抗手段を持たない。その点では日本も同様である。私は以前から、屋根の“雪下ろし”で落下し、死亡する人が後を絶たないのに、それを防止できるIT技術が開発されていないことを嘆いていた。そんな単純なことでさえも、IT技術は解決できないでいる。ハリケーンとか台風とか地震とか、自然災害に対する対策も、未だ科学技術は“防止技術”を開発できずにいる。4Kとか8KのTVなど、誰が望んでいるのだろう。確かに“クリアな画像”かもしれないが、“立体的”なのかもしれないが、それで幸せになる人はどれだけいるのだろう。そんなことよりも、屋根の雪下ろしで“滑り落ちない技術”、それより前に“屋根の雪が解ける技術”など実用的な方面に次々と新たな“製品”を投入してほしい。630万人に“避難命令”で逃げることを教えるよりも、ハリケーンそのものを消滅させるとか、コースを変えさせるとか、台風や集中豪雨でも同様だが、もう少し、“自然界の脅威”に立ち向かう技術を開発しようと努力してほしいのだ。そうでなければ、どんなに“宇宙まで行ける”時代になっても、“屋根から滑り落ちて死ぬ”人は無くならない。そんな身近なことも“解決できない科学”を推し進めていて「身近な宇宙開発です」とか言って、無駄に金を使い、飛び損ねてばかりで恥ずかしくないのだろうか。


最近の記事はこちら

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

「アマチュア」&「セミプロ」の時代

ネットのニュースでは「とらのあな」の“美人妻”が話題になっている…と報道されていたが、それよりも私は同人誌や漫画関連グッズを販売している「とらのあな」が、年商「230億円」の大企業に成長していることを…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.