今日の迷言・余言・禁言

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要するに昔の「リサイクル店」に近いことをネットを通じて行っていると思えば良い。この企業には特徴があって、外国人従業員が多い。それも名門大学を出た優秀な外国人ばかりだ。そういう企業なので、時代の“流れ”を読むことが上手い。IT企業なので、利用者は“若い人たち”なのかと言えばそうでもない。今、急速にユーザーとして増えつつあるのは“シニア層”であるという。どうしてシニア層なのかと言えば、現在「終活」に力を入れているからだ。つまり「生前整理」というやつである。誰もが、或る程度の年齢になって来ると“自分の死後”を考えるようになる。遺された家族は、当然、家の中のものを処分しなければならない。どう処分するか、くどくど訊くのもおかしな話である。そこで、誰かが「メルカリを利用すると良いらしいよ」と言っていたのを思い出す。でも、どうやって利用するのか。そういう人達のために、メルカリは、クラブツーリズムを通じて「メルカリ講座」を開いている。クラブツーリズムと言えば“シニア層”に強い旅行会社として有名だ。山ほど“常連さん”を抱えている。この旅行会社を通じて50代から80代の人達が続々と集まって来るのだ。そして家の中に眠っている“不用品”をどうすればメルカリに出店出来て、どうすれば高値で売れやすいか、手取り足取り教えてもらうことが出来る。しかも、その“売れた商品”はそのまま“旅行パック料金”として利用できるようになっている。つまり、家の中の“不用品”をきちんと“生前整理”しながら、その売り上げで“新たな旅行”を愉しむことが出来るのだ。こんな上手い方法はなかった。しかもクラブツーリズムでは「終活ツアー」を積極的に行っていて「樹林葬体験ツアー」などが大人気なのだそうだ。これなら、死んだ後まで体験出来て家族に迷惑をかけることなく「あの世」に旅立っていける。さすがは旅行会社だ、ということで静かな人気が沸騰中らしい。こうして、老人たちの“伝播”は速い。もしかするとネットよりも早いかもしれない。続々とこの種の人たちが増えて、現在メルカリが抱えている“巨大赤字”は、あっという間に黒字転換が可能なのではないかと、そしてアマゾンのように“巨大化”していくのではないかと、これはあくまで“噂”だが…。


最近の記事はこちら

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.