今日の迷言・余言・禁言

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TBS系列で放映された番組の中で「合成された心霊写真」を“本物の心霊写真”であるかのように放送したとして話題になっている。問題はいくつもある。まず、本人たちの許可を得ないで1枚の写真が勝手に使われていること、写っている人たちの証言が正しければ元々の写真に心霊らしき画像はなかったこと、その写真を心霊研究家に見せて“心霊写真”としてのコメントを求めていること、番組MCやゲストたちも含めて“ヤラセ写真”の片棒を担がせていること…つまり、番組制作スタッフは“真夏の恐怖”を演出したかった。それには“心霊写真”が良いということになった。だが、適当なものがなかった。無いなら“作れば良い”ということになった。そこで2枚の写真を合成した。1枚は、普通の3人組が展望台を訪れた時の写真、もちろん心霊写真ではなかった。それを足元に“別な写真から切り抜いた女性の顔”をぼかして挿入することで“心霊写真”らしくする。それを本物らしくするために、わざわざ心霊研究家の方に依頼し、鑑定して頂く。実際、その写真に対して「事故死した女性の霊で、この世に強い未練を残している」という願ってもないコメントを得られた。まさか、後になって、写っていた本人たちが「あの写真に霊など写っていなかった」とツイッターで発信するとは考えていなかったのだろう。だから、TBS側はそれに対してのコメントを控えている。「霊」として表出している顔写真は、ぼかされているので本人が気付いていないかもしれない。つまり、展望台の3人も、霊の女性も、心霊研究家も、MCや出演者も、視聴者も、すべてを欺き裏切った“ヤラセ写真”だということになる。これは罪が重い。そして何よりも、実際に“霊界を彷徨っている”「霊」たちに対して失礼この上ない。もし、“ヤラセ”で扱いたいなら、関係者に対して事前に連絡し、承諾を得なければならないし、番組の中でもきちんとそれを表示しなければならない。それをしなかったから「霊」たちも本人たちを促して、今回のは“ヤラセ”であることを発信させたのだ。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.