今日の迷言・余言・禁言

“ヨガ人口”と「肥満税」の不思議な関係

インドのモンディ政権で「肥満税」が導入されるかどうか、注目が集まっている。既に“7千万人近い人が糖尿病”と診断されるインドでは、その一番の原因とされるジャンクフードへの課税が急務とされている。同じように「砂糖税」という名目で、“甘い飲料”などに課税している国が、フランス、メキシコ、イギリスなどだ。本当は、一番先に導入しなければならないのはアメリカのような気もするが、自国の中で“儲けられる”のにトランプ大統領からそういう発言は出ていない。もっとも、この種の課税による肥満予防は、実際にはあまり役立たない、という指摘も多い。日頃から“健康志向”の人が買わなくなるだけで、実際に“歯止め”を掛けたい人たちには効果がないというのだ。しかも、一部食品だけでは“不公平”という指摘もある。それにしても、インド人がそんなに“肥満になっていた”ということが私には驚きであった。確かに、以前インドの“お見合い事情”をNHKが密着報道していたが、総体的に“太目の女性たち”が多い点が印象に残った。インドというと、私などはどうしても「ヨガ発祥の国」というイメージで、“瘦せ細った身体”や“骨ばった身体”が思い出されてしまうのだが、現代インドではそれほど“ヨガ”は普及していないのかもしれない。私が十代の頃、まだ“ヨガ”は“珍しい健康法”で、日本でも欧米でも今日のように一般化はされていなかった。私は運動神経が鈍く、倒立が出来ないので止めてしまったが、その基本とするところは何となく理解はできる。ただ思想・宗教的な部分が絡んでいるので、あまり深入りしすぎると、現代生活からは逸脱してしまうような気がする。その辺のバランスが難しい。本当は“肥満税”を掛けるより、自国の“ヨガ推奨”を掲げる方が効果的に思えるのだが「古き良きインド」は今や廃れてしまったのかもしれない。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.