今日の迷言・余言・禁言

ライバル同士の「変わり羽子板」が売れる⁉

昔から“不思議に思っているもの”がある。毎年、12月に登場する「変わり羽子板」の画像が、今一つ本人に似ていないことだ。今年も昨日東京の「久月」でお披露目された。1986年より、毎年続けられている。そして必ず、その年“注目された人”などを取り上げている。その試み自体は良いと思うのだが、今年も「羽生結弦」「大坂なおみ」「安室奈美恵」などがつくられたと紹介しているが、どの画像も今一つにていない。これは羽子板に描くということが難しいからなのであろうか。何年か経って観た時に「これって誰の顔だったっけ?」となりそうで心配なのだ。ところで、羽子板というのは元々は“羽を打ち合う競技”なわけだから、一方の選手用だけを作っても仕方が無いように思うのは私だけなのであろうか。例えば、今年の場合「大坂なおみ」を登場させるなら「セリーナ・ウィリアムズ」も登場させた方が、競技としては絶対に面白い。そうすれば、子供同士で二人の選手になりきって遊べるではないか。同じように「安室奈美恵」には「浜崎あゆみ」が必然だし「貴ノ岩」には「日馬富士」、「トランプ」には「習近平」が必然だろう。そういう宿命のライバル同士による羽子板を“セットで売り出す”形を取れば、多少似ていなくても、誰も気にすることなく喜んで日本人も外国人も買い求めることだろう。特に、“嫌いな人物”がいる場合には、その顔を目掛けて羽を撃つことが出来る。いや、貴ノ岩と日馬富士の場合は、傷付かないよう素材を工夫し最初から羽子板で殴り合った方が良いのかもしれない。トランプと習近平の場合は、勝った方が“お年玉”を総取り出来るようにすれば良い。これほどストレス発散に良いスポーツは他にない。そういう対決というのは、やっぱり外から見ている分には面白い。ただ教育上はよろしくないので、18歳以上の“限定品”として売り出すべきだろう。


最近の記事はこちら

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.