今日の迷言・余言・禁言

リストラ回避「こくみんうさぎ」が“カワイイ”

最近は“新鮮さに欠ける”政治の話が多い。それは日本だけでなく、世界各国がそうである。そんな中で、唯一の“ひかり”は国民民主党のキャラクターとして登場した「こくみんうさぎ」がリストラされそうだったが、かろうじて生き残り、次の“玉木新党”に引き継がれることになったというオメデタイ話。実は、私は今年5月に登場したという「こくみんうさぎ」を知らなかった。こんなにかわいいキャラクターが存在していることを知らなかった。大体が政治絡みのものは“可愛くない”と相場が決まっている。そう思っていたが、昨日、初めて知ったこのキャラクターは実に可愛らしい。別に、誤解されたくないので記しておくが、私は「国民民主党」のシンパでも何でもない。ハッキリ言って“運命的な政治家”には興味があるが、政治にはそれほど興味がない。だから基本的には、どの党が躍進しようがどうでも良いのだが、このキャラクターはリストラされてほしくない。そういえば、私はときどき会社勤めの夢を見る。もう会社勤めから解放されて40年以上経つのに、なぜか私は未だに会社員なのだ。そうして最近の夢では、私の周りの社員たちはみんな忙しそうなのだが、私だけは趣味的なことをやっていて、誰からも咎められない。そんな中で、社長が朝の挨拶をしに会社の中を周ってきた。私にも声をかけて来たのだが、その時、社長は私が暇そうにしているのを見抜いたようだ。そして私に「一つ頼みがあるんだが、今度の観楓会の旅行プランを作ってくれないか」と私に依頼してきた。「別に良いですよ」私は気軽に応じた。ところが、その後社長がいくつかのことを加えていったのだが、会社内のやり取りがうるさくて聴き取れない。なんとなく雰囲気からは「予算は多少オーバーしても良いから豪華なやつを頼むよ」的なことを言われたように思うのだが、聴き取れなかった。それでも、一応私は適当に頷き「もう一人誰か女性の担当者をつけてください」とお願いした。一人で全部を受け持つのは嫌だった。社長は「女性が良いのか、わかった、誰かに頼んでおくよ」と言って去っていった。社長が去ってから、やっぱり何を言っていたか、確かめるべきだったな、と少し後悔した。それにしても、暇な奴を見つけて“幹事役”を引き受けさせるとは、さすが社長だなと妙なところに関心をした…ところで眼が覚めた。


最近の記事はこちら

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

「風水」の根底にあるのは「自然との調和」

ときどき占い師やセミプロの方から「風水」に関する質問を受ける。ところが日頃から占いに“関わっている人達”でも、なぜか「風水」に関しては“誤った発想”を持っている場合が多い。「風水」は“魔術”でも“呪術…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.