今日の迷言・余言・禁言

ロボットが人間化し、人間がロボット化する

元々はドイツ生まれの白人女性マルティナ・ビッグさん29歳。彼女は最初キャビンアテンダントだった。その美貌が買われて「モデル」に転身。それだけで満足すれば、ごく一般的な女性としての人生を歩んでいただろう。ところが彼女は、それだけでは満足できなかった。どちらかと言えば“貧乳”だった彼女は“大きな胸”を手に入れたいと願った。そうして美容整形によってスイカ並みの“巨乳”となった。そうして多くの人達から“好奇の視線”を浴びることになった彼女は、そこに快感を得るようになっていった。そして元々志向していた“黒い肌”を手に入れることを目指すようになる。メラニン色素を注射するようになったのだ。2017年度だけで3度の注入をした。こうして彼女は“黒い肌”を手に入れた。まだ完成ではない。髪も完全なる“アフロヘア”に変えた。もう、どこからどう見ても、白人だったころの“面影”はない。今、存在するのは、はち切れんばかりの巨乳で黒い肌の“アフリカ女性”マルティナである。私は昔、アメリカの白人男性が自ら“黒人差別”を体験する目的で“黒人に変身していく実話”である『私のように黒い夜』を読んで感動したことがある。まだまだアメリカ南部で“黒人差別”が平然と行われていた時代の話である。時代は、明らかに変わった。白人が“差別”からではなく、自らの“美意識”や“セクシー観”から黒人に変身する時代なのだ。今や“身体を作り替える”ことは、それほど異端なことではなくなりつつある。その一方で、ロボットの“人間化”が恐ろしいほどの勢いで進んでいる。もはや、自ら“考え出す”ところまでロボットは進化した。やがてロボットたちは“人間の感情”を手に入れようとするのだろうか。こうして、だんだん“人間的なロボット”がおおくなり、その反面“ロボット的な人間”も増えていく。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.