今日の迷言・余言・禁言

ヴァニラ&なかにし礼の「人形」

私が昔好きだった歌の一つに「人形の家」がある。この歌の歌詞の持つ“もの哀しさ”に妙に惹かれていた。先日、BSで作詞家「なかにし礼」氏の特集番組があり、その中で彼がこの歌について、終戦時の満州に居た日本人のことを歌った歌である、と解き明かされた。「♪ほこりにまみれた人形みたい 愛されて 捨てられて 忘れられた部屋の片隅」終戦時に「日本」という国家から見捨てられ、ボロボロになって満州を生き延びた日本人の悲哀を謡ったものだと明かされたのだ。確かに、そういわれれば“ほこりをかぶった人形”というのは、“使い捨てられた命”であり、かつて日本が統治した満州は“部屋の片隅”に違いなかった。けれども、実際の歌唱は、それこそ人形のように美しかった当時の弘田三枝子さんが熱唱したもので、あの頃の歌声は本当に素晴らしかった。そして、久しぶりで見た“全身整形美女・ヴァニラ”さんに、どことなく似ていないでもなかった。けれども、あれから何十年も経ち、弘田三枝子さんは変わってしまった。なぜか痩せ衰え、そして声が出なくなった。久しぶりで見た“全身整形美女・ヴァニラ”さんも、一時期感じられた“人形のようなオーラ”は消えていた。何かが違う。全身30か所以上を整形し、2000万以上を注ぎ込んだ「芸術作品」と言って良いが、既に“頂点”は過ぎたかのような“人間臭さ”がにじみ出るようになってしまった。もちろん、彼女は人間なのだから、或る意味ではその方が良い。けれども、それは本来“彼女が目指している姿”ではない。彼女は「フランス人形」になりたいのだ。美白のため“日中の活動は避けている”というのを知って、私はかつての「美白の女王」鈴木その子氏を思い出した。彼女は“普通に白かった時”とても美しく、健康的だった。けれども過度に“白くし過ぎた時”、私は危険だと思った。“霊的な白さ”に思えたのだ。そう思っていたら、あっという間に亡くなってしまった。彼女が建てようとしていた“美白御殿”はどうなったのか、ヴァニラもその“危険な階段”を上り始めたような気がする。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.