今日の迷言・余言・禁言

ヴァニラ&なかにし礼の「人形」

私が昔好きだった歌の一つに「人形の家」がある。この歌の歌詞の持つ“もの哀しさ”に妙に惹かれていた。先日、BSで作詞家「なかにし礼」氏の特集番組があり、その中で彼がこの歌について、終戦時の満州に居た日本人のことを歌った歌である、と解き明かされた。「♪ほこりにまみれた人形みたい 愛されて 捨てられて 忘れられた部屋の片隅」終戦時に「日本」という国家から見捨てられ、ボロボロになって満州を生き延びた日本人の悲哀を謡ったものだと明かされたのだ。確かに、そういわれれば“ほこりをかぶった人形”というのは、“使い捨てられた命”であり、かつて日本が統治した満州は“部屋の片隅”に違いなかった。けれども、実際の歌唱は、それこそ人形のように美しかった当時の弘田三枝子さんが熱唱したもので、あの頃の歌声は本当に素晴らしかった。そして、久しぶりで見た“全身整形美女・ヴァニラ”さんに、どことなく似ていないでもなかった。けれども、あれから何十年も経ち、弘田三枝子さんは変わってしまった。なぜか痩せ衰え、そして声が出なくなった。久しぶりで見た“全身整形美女・ヴァニラ”さんも、一時期感じられた“人形のようなオーラ”は消えていた。何かが違う。全身30か所以上を整形し、2000万以上を注ぎ込んだ「芸術作品」と言って良いが、既に“頂点”は過ぎたかのような“人間臭さ”がにじみ出るようになってしまった。もちろん、彼女は人間なのだから、或る意味ではその方が良い。けれども、それは本来“彼女が目指している姿”ではない。彼女は「フランス人形」になりたいのだ。美白のため“日中の活動は避けている”というのを知って、私はかつての「美白の女王」鈴木その子氏を思い出した。彼女は“普通に白かった時”とても美しく、健康的だった。けれども過度に“白くし過ぎた時”、私は危険だと思った。“霊的な白さ”に思えたのだ。そう思っていたら、あっという間に亡くなってしまった。彼女が建てようとしていた“美白御殿”はどうなったのか、ヴァニラもその“危険な階段”を上り始めたような気がする。


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.