今日の迷言・余言・禁言

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲った。「白血病」という“生命を脅かす病”が彼女を待っていたのだ。もはや水泳どころではなくなった。東京五輪どころではなくなった。金メダルどころではなくなった。優先されるのは「命」の方だった。緊急入院をし、彼女自身の口から「今、生きていることが奇跡」と言わしめた状態の中での闘病生活を送った。そして、彼女は返ってきた。今年3月17日、406日ぶりにプールへと入って練習を再開したのだ。奇妙なことが起こった。今年7月に開催されるはずだった東京五輪が、一年延期となったのだ。こうして、完全にあきらめたはずの「東京五輪」が、なぜか再び目の前にある。まるで、自分を待っていてくれるかのように、来年にある。もちろん、病み上がりの身体ですぐに出場できるものかどうか、出場したとして、メダルが狙えるものかどうか、それだけの回復を示しているかどうか、今の段階では何とも言えない。けれども、少なくとも、その“希望”は出て来たのだ。ここに“人生の不思議”がある。私は以前、彼女に対して、その名前自体に「水泳界の申し子」としての意味があることを書いた。「池江璃花子」とは、池や河の中で瑠璃色に輝く花の子なのだ。この名を得て、水泳界で成功しないわけがない。と同時に彼女には、ホロスコープに“生命の神秘”を宿している。私が「霊的な生命力」と名付ける太陽と冥王星の150度アスペクトを備えているのだ。さまざまな実例が、それを証明している。もちろん彼女の場合も、この「霊的な生命力」の不思議な力が「今、生きていることが奇跡」と彼女自身に言わしめたのだ。これは、決して彼女だけの物語ではない。多くの人生には「一寸先は闇」と言えるような出来事が起こり、それによって“大きな挫折”や“予期せぬ窮地”に追い込まれるようなことが稀ではない。「神は居るのか」と叫び出したいようなこともある。けれども、その中にも、かすかな“救い”はあって、そのかすかな“救い”で人々は生きている。それがやがて「光」となって輝きだすことも往々にしてあるのだ。人生には「闇」もあるが「光」も潜んでいる。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.