今日の迷言・余言・禁言

“一流仮想通貨”とならなかった「スピンドル」

正月の“芸能界格付け番組”では常に「一流芸能人」の地位を譲らないGACKT氏であるが、どうも実業の世界では“一流”とまでは言えないようで、いろいろなトラブルで名が挙がるケースが多い。今回は仮想通貨の「スピンドル」で俗に「ガクトコイン」とも呼ばれるほど、彼が“広告塔”として喧伝している通貨なのだ。この仮想通貨は2018年5月19日に世界5か所で上場公開された。GACKT氏は、この通貨の企画段階からの創設者の一人として、数百億円の出資を集めたともいわれている。ところが、上場前には1スピンドル=30円だった通貨が、上場時には3円となり、現在は0.3円となって、まさに上場前の100分の1まで価値が下がってしまっているのだ。こうなると、もう仮想通貨としての価値はないに等しい。よほどの“どんでん返し”でも起こらない限り、出資者たちは“幻の通貨”を掴まされたことになる。しかも、一説にはGACKT本人は“高値で売り抜けた”とも言われていて、そうなると最初から価値が下がることを予測して出資を募ったことになり、詐欺罪の可能性もあって、捜査が本格化しているともいわれる。最近は正月番組以外ではTVに出ることもなく、海外に拠点があるともいわれるGACKT氏だが、“一流芸能人”としての恵まれた頭脳や直観力を“詐欺的な商法”に使うのではもったいない。世界中の人達を“感動させる芸術”を作り上げることで、決してTVバラエティーだけの“一流芸能人”でなく、日本が世界に誇れる“一流の人物”として、よみがえることを期待したい。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.