今日の迷言・余言・禁言

“一流仮想通貨”とならなかった「スピンドル」

正月の“芸能界格付け番組”では常に「一流芸能人」の地位を譲らないGACKT氏であるが、どうも実業の世界では“一流”とまでは言えないようで、いろいろなトラブルで名が挙がるケースが多い。今回は仮想通貨の「スピンドル」で俗に「ガクトコイン」とも呼ばれるほど、彼が“広告塔”として喧伝している通貨なのだ。この仮想通貨は2018年5月19日に世界5か所で上場公開された。GACKT氏は、この通貨の企画段階からの創設者の一人として、数百億円の出資を集めたともいわれている。ところが、上場前には1スピンドル=30円だった通貨が、上場時には3円となり、現在は0.3円となって、まさに上場前の100分の1まで価値が下がってしまっているのだ。こうなると、もう仮想通貨としての価値はないに等しい。よほどの“どんでん返し”でも起こらない限り、出資者たちは“幻の通貨”を掴まされたことになる。しかも、一説にはGACKT本人は“高値で売り抜けた”とも言われていて、そうなると最初から価値が下がることを予測して出資を募ったことになり、詐欺罪の可能性もあって、捜査が本格化しているともいわれる。最近は正月番組以外ではTVに出ることもなく、海外に拠点があるともいわれるGACKT氏だが、“一流芸能人”としての恵まれた頭脳や直観力を“詐欺的な商法”に使うのではもったいない。世界中の人達を“感動させる芸術”を作り上げることで、決してTVバラエティーだけの“一流芸能人”でなく、日本が世界に誇れる“一流の人物”として、よみがえることを期待したい。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.