今日の迷言・余言・禁言

一瞬、言葉を失う「タトゥ」で授業

フランスという国は「芸術」への“保護意識”が強い。そのことが多分、このような事態を公認しているのだと思う。ただ「タトゥ」を、誰もが“芸術”として受け入れられるかどうかは微妙なところだ。もちろん日本だったら100%公的には受け入れられない。だから温泉の大浴場でも「タトゥ入場拒否」を明示しているホテルが多い。ましてや公務員として、それも小学校教師として、“全身タトゥ”が通用するとはとても思えない。なにしろフランスのシルバン・エレーヌ氏(35歳)は、実は「フランスでもっともタトゥの多い男」としてマスコミに知られている存在なのだ。とにかく全身に“隙間”がない。あらゆる部分をタトゥで埋め尽くしている。腕とか背中に一つだけタトゥがある、というのとはわけが違うのだ。実はフランスでは禁止されている“眼球へのタトゥ”も、スイスまで出掛けて施してきた。だから、文字通り“全身”なのだ。彼いわく、生徒も父兄も必ず最初はぎょっとするそうだ。当然な反応だろう。それでも、慣れてしまえばみんな解かってくれると言う。しかも、彼は「これも教育の一環だ」と言い切る。日本でもし、こんなことを言ったら“袋叩き”にされかねない。ところが、さすがというべきか、フランスの子どもたちも父兄も中々に寛容なのだ。子供たちの中には「エレーヌを観た目で判断してはいけない」と言ってくれる者までいる。なんて優しいんだ。「眼だけは怖いけど、彼は優しいよ」と言ってくれる生徒もいる。素晴らしい教育(⁉)ではないか。彼は自分を観て育つことで、生徒たちは“外見的な偏見”を無くし、人種差別や障害者差別をしなくなる、と言っている。それにしても、学校側や教育委員会側が、よくスルーしてくれているものだ。そういう点はほんとうに寛容な国だと思う。ただ“新型コロナ”で国全体が神経質になった時、中国人だけでなく、日本人も含めて、アジア人全体に対して“あからさまな差別や拒否”を行ったのも“この国”である。だから、どこまで“ほんとうに寛容”なのかは微妙なのだ。もしかすると「タトゥ=芸術」という意識で寛容なだけかもしれないのだ。私が大昔、フランスで道を尋ねた時にも、まったく相手にしてくれなかったのがフランスなのだ。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.