今日の迷言・余言・禁言

一般公開の天空神「玄武」の秘密⁉

奈良県明日香村にある「四神の館」で、今月19日から“重要文化財”に指定されて以降初めて石室内に描かれていた「玄武(げんぶ)」が一般公開されることになった。キトラ古墳壁画の一つである「玄武」は、七世紀末頃の作品とされている。キトラ古墳に描かれた天文図全体が古代中国で確立された“天文思想”の輸入品だが、陰陽五行思想に基づく“四神”と赤道上の“28星宿”が、石室内の主役たちである。それらの内から何故「玄武」だけを公開するのか明らかでないが、私の推測では「玄武」は十二支「亥・子・丑」北方三支の守護神なので、今年の“亥年(いのしし年)”にちなみ「玄武」のみ公開する…ということのような気がする。北側の「玄武」以外には、東側の「青龍(東方神)」南側の「朱雀(南方神)」西側の「白虎(西方神)」が、それぞれ存在する。いずれも天空神だが、同時に“神聖獣”でもある。それではどんな獣なのかといえば、蛇と亀との合体動物が“玄武”なのだ。だから、絵として描くにはもっとも難しい。そのせいか、キトラ古墳の「玄武」は、神聖獣としては今一つの出来で、崇めるほどのものに仕上がっていない。どうして蛇と亀との合体動物なのかといえば、その動きが観難く判別し難い部分が一番の理由だろう。もちろん“天空神”であるから“北の空”に観察できる。ただ鉛色に暗く輝いていて、常に低空飛行で、見えたり見えなかったりする。だから“蛇”と“亀”との合体動物なのだ。実は、その正体は今日でいうところの「水星」である。因みに「青龍」は木星であり「朱雀」は火星であり「白虎」は金星である。これらの惑星が、やがて五行の「木」「火」「金」「水」へと変わっていくのだ。どの方位にも属さない“神聖獣”は「麒麟」で、やがて「土星」→「土」として追加される。それらとは別に「陽光」に輝く太陽、そして夜に「月光(蔭光)」をもたらす月(太陰)、これらが出そろって、陰陽・五行思想は誕生する。今日では「占い」だけの陰陽・五行思想と捉えられがちだが、今から1300年ほど前の日本では、時の為政者たちが「宇宙(天空)」を読み解く神聖科学思想として《陰陽・五行思想》の宇宙観が大手を振って教えられていたのだ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.