今日の迷言・余言・禁言

一般女性達の「女子アナ」を見る眼

最近感じるのは、一般の方達がTV等のマスコミに登場する人物に対して、或る種の“批評眼”を持ちながら観察しているケースが多いということ。決して“お友達的な目線”で観ているのではなく、どちらかと言えば“審査員的な目線”で観ているのだということ。それを証明するようなアンケート結果が「文春オンライン」で報告された。2019年の「嫌いな女性アナウンサー」の調査結果だ。その一方で、もちろん「好きな女性アナウンサー」も行っていて、どちらにも眼を通したが、やはり「嫌いな女性アナウンサー」の方が興味深かった。ただいくつか腑に落ちない部分もあって、よくよく調べたら、こういうランキングというのは、その調査機関によってかなりの“違い”が見受けられることがわかった。例えば文春オンラインの「嫌い」の方で“7位”として登場する弘中綾香アナは、或る機関の調査では断トツの“1位”らしい。けれども「好き」の方でも“2位”にランクインされているらしい。それだけ女子アナとして“有名”になったのかもしれない。同じようなケースは他のアナウンサーにもあって、どちらかと言えば個性の強いアナウンサーほど好き嫌いが分かれるようだ。そして、一般女性達の批評眼というのはまことに鋭く手厳しい。例えば、NHKの桑子真帆アナに対して「洋服の趣味が悪くてニュースが入ってこない」とか、先の弘中綾香アナに対して「日本はみんなロリコンなのかと疑うレベルの顔と声」とか、4位の田中みな実アナに対して「時々とても失礼なことを言う。ぶりっこキャラなら最後まで人のご機嫌取りだけしていれば良い」とか、3位の有働由美子アナに対して「民放ならあれくらい普通だし、ニュースやっても何の強みも活かされていない」とか、2位の安藤優子アナに対して「いかにも自分が一番正しいというようなものの言い方が嫌い」とか、1位の加藤綾子アナに対して「落ち着きのない動作、締まりのない口元、清潔感がなく不愉快」と、それぞれに手厳しい。ただ、それぞれ言いたいことは解かるし、確かにそういわれてしまえば、そういう部分がないとは言えない。そして解かったのは、女性というのは同性である女性アナウンサーに対しては、或る意味で“同僚女子社員”を見るような意識で、細かなところまで観察し、批評眼的な判断を下しながら報道番組を見ているということがよくわかった。或る意味で日本の「女性アナウンサー」というのは花形の職業であることは間違いがない。それだけに、ちょっと人気が出て浮かれていると“厳しい評価”にさらされるのだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.