今日の迷言・余言・禁言

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たちから距離を置き、“血をひかない人達”との関係が濃密になっていくケースが往々にしてある。ところが、何かのきっかけから晩年になって再び親・兄弟との仲が深まる…そういうケースが意外なほど多い。つまり人生において、産れてから十代後半くらいまでは親・兄弟との関係が深く、それから徐々に“疎遠”となって、友人・仲間・同僚との関係が濃密となり、やがて人生の晩年に入って再び親・兄弟との関係が深まる…そういう運命を歩む人たちが少なくないのだ。しかも、その多くが意図的にではなくて、何らかの“偶然”が絡んでいる。謂わば“引き寄せられて”そうなっていくのだ。或るTV番組を通じて元貴乃花の花田光司氏が、“絶縁状態”になっている母親の藤田紀子氏や実兄の花田虎上氏との関係を修復したい気持ちを持っていることを語った。かつては「理想の兄弟」などとマスコミから持ち上げられ、仲の良いことを公言していた兄弟だったが、いつからか憎しみまで露わにする“絶縁関係”となった。けれども、相撲界から身を引き、配偶者や息子とも離れて、実質・天涯孤独の状態に変わって、心境の変化が現れだしたということだろう。誰でも、最後は“血縁者”なのだ。この発言を受けて、昨日、実兄である花田虎上氏がブログ上で心境を述べた。当惑しているが、いつか心かわす状態となれることを心待ちにしている、という“大人の反応”だった。親子とか兄弟とかいうものは、どんなに“長い空白”の時期があっても、一瞬でその空白を埋められる唯一無二のものである。これを勘違いしている人が多い。他人と同じように、空白期間が長くなってしまうと、もう戻れないのではないか、もう環境が違いすぎると感じがちなのだ。けれども、それは杞憂なのである。「親の血を引く兄弟」に言葉など不要だし、空白期間など問題ではないのだ。黙って、抱き合うだけで「幼い頃が重なる」それが兄弟なのだ。


最近の記事はこちら

「黄金風呂」で“身”も“心”も金色に⁉

「金」というものは、あるところにはあるものだ。例えばスーダンの前大統領宅、家宅捜索が入って調べたところ日本円で126億もの現金が眠っていたそうだ。スーダンってそんなに豊かな国でしたっけ? まあ、他人の…続きを読む

「幸運の女神」は“めげない人”に微笑む

一度の挫折や失敗で「自分は不運だ」と勘違いする人が多い。二度目の失敗で「もうダメだ」と自暴自棄になってしまう人も多い。その一方、何度失敗しても、不幸な出来事にあっても、徹底的に打ちのめされても、そこか…続きを読む

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.