素顔のひとり言

不思議な占い方

海外に出掛けるとき、見知らぬ街や古代遺跡の観光以外に、私には二つの大きな課題がある。まず第一は参考となりそうな“占い書籍の購入”であり、その第二は興味深い海外の“占いを実際に体験してみること”である。そのどちらもが期待外れのこともあれば、期待をはるかに越えた収穫をもたらしてくれることもある。今回の旅行は期待が小さかった分、収穫は大きかった。もっとも旅行自体は必ずしも順調とはいえなかった。

出発時からして天候に恵まれなかったが、インドネシアに着いてからもスコールに見舞われ続けた。特にジョグジャカルタからデンパサールへと帰るはずの航空機が、ものすごいスコールの中をどこまでも進んで見知らぬ場所へと降り立った時には、これからいったいどうなるのか…と気が気ではなかった。それがインドネシア第2の都市スラバヤの飛行場だった。乗る飛行機を間違えたのかと思ったが、そうではなくデンパサールに着陸出来なくて、緊急避難的にスラバヤへ着陸して給油し再チャレンジしよう―ということらしかった。ホッと胸をなでおろす半面、あの豪雨の中に再び突き進むのかと思うと不安もよぎった。なにしろものすごい雷と豪雨だった。再チャレンジして着陸出来るという保証はなかった。実際、スラバヤで怒って降りてしまった人達も二十名くらいはいた。なにしろ手書きで航空チケットを発行している会社なのだ。この国の人達は慣れているらしいが搭乗ゲートも3回変わった。ここは度胸を据えて掛るしかない。2度目の着陸チャレンジは見事に成功した。乗客たちは何故か大きな拍手を機長に送った。

バリ島のウブドへと向かった時にも強烈なスコールがやってきた。この島はどこもそうだが、雨宿りできるような公共の場や施設というものがない。車から降りられないのだ。あっと言う間に水溜りが出来て洪水となる。“癒しの島”と言われているが、それはリゾートホテルやスパ・エステの話であって、街中自体は決して“癒しの雰囲気”ではない。アリの巣を突いたように集まって来るオートバイの群れ、信号や横断歩道というものが極端に乏しい道路、日本人は道路を横切るのに大変な決断と勇気がいる。とにかく車もオートバイも歩行者の為に停まってはくれないからだ。間一髪のところで逃れたが、私は猛烈な勢いのオートバイに跳ね飛ばされそうになった。

その一方、占いの書籍は注目すべきものを4~5冊手に入れることが出来た。本当は『ジャカルタ占星術』という書籍も購入したかったのだが、分厚く、重そうなのであきらめた。海外書籍はあまりぶ厚く重いものはパスせざるを得ない。その代わり興味深い手相術書を数冊買った。実例写真が100枚近く掲載されている本や、実例手型とその解説が多数掲載されている本を入手出来た。毎回、海外に行くたび占い書籍を購入してくるので、我が家には世界各国の書物が古書店のように積まれている。

二人のバリアン(呪術占い師)による占いの実占も体験してきた。二人とも占い方はまったく異なり、それぞれが個性的だった。その1人は12項目にわたって占ってくれるのだが、その占い方が面白い。顔面を凝視しながら1回1回奇妙な手指による動作を繰り返す。まるで試写室で映像を確認しているかのような占い方だった。そして各項目に対して4~8までのランク付けを行う。例えば金運は7で、老後運は8という具合に…である。私の場合、運命という項目が一番悪く5だったが、それ以外はすべて7か8だった。このバリアンの占いは地元では名士らしく高額だった。次に観て貰ったバリアンは、まず両手を出させて掌から発する“オーラを観察する”ところからスタートする。私の場合、赤いオーラが一番強く、紫のオーラが続いて強いらしい。この二つのオーラから、私は自分と同じく霊感的に人々を指導する立場の人間だ…というようなことを言った。私は自分の身分を明かしていなかったので、その鑑定能力に内心驚いたが、黙っていた。その後、インドネシア独特のカードを使った占いに入った。判断は具体的で、私の場合、今年8月に仕事上の幸運がやって来て、そのお陰で4年間は安泰で順調に推移するそうだ。近くの湖に15日に金の指輪を着け出掛ければ“水の神が霊感とパワーを授けてくれる”らしい。単純な私は日本に帰ったら支笏湖へ出掛けて見ようか…と思った。私はいつでもそうだが、占ってもらうときには純粋に“占ってもらう人”になりきって座る。そうでなければ愉しくない。もちろん自分自身が占うときの参考にもするが、人それぞれの占い方を黙って堪能するのも良いものだ。人様からの助言には何かがある。何かしら得るものがある。それは当たるとか当たらないとかいう以前の問題であって、そういう謙虚な気持ちが無ければ占ってもらう価値がない。自分で占えば好さそうなものなのに、わざわざ海外まで出掛け普通に占ってもらうのは、占いを行う側として真摯な気持ちを保ちたいからでもある。こうして私の奇妙な形の“占い修業”は続くのであった。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.