今日の迷言・余言・禁言

“不慮の災難”が奪っていくもの

大自然を“美しい”と感じることもあれば、“恐ろしい”と感じることもある。神々しく感じることもあれば、悪魔のように思えることもある。特に、地震、津波、噴火、台風、落雷、豪雨、大雪、寒波…嫌なものばかりだが、中でも地震は“予告なし”で突然やってくるだけに、恐ろしさを感じる筆頭かもしれない。そうして時に多くのものを奪っていく。家族の生命、暮らしてきた家屋、平穏な生活…一瞬で奪われたものは二度と戻らない。熊本地震や鳥取地震など、今年もいくつかの予期せぬ地震が“平穏な生活”を奪っていった。日本と同じように地震の多いイタリアでも、このところ地震が続いている。ニュースは日々“新たなもの”に塗り替えられていく。けれども、実際に“予期せぬ災難”の被害に遭った者の時間は、そこで止まっている。それまで積み重ねてきた“普通の暮らし”は、一瞬にして失われ、文字通り地べたに放り出されるのだ。大地震や津波は“家族を奪っていく”こともあるが、どこにもそれを訴えようがない。殺したのは「大自然」という名の悪魔なのだ。しかも、生命だけに飽き足らず、住宅まで奪っていく。生活用品なども含めて、根こそぎ奪っていく。殺人事件でも、住宅までは壊さない。生活用品すべてを滅茶苦茶にすることはない。地震や津波など一部の災害だけが、根こそぎ奪っていく。過去の“幸福”だった証拠品である写真とか、日記とか、贈り物とか、記念品とか、ありとあらゆるものまで根こそぎ奪っていく。しかも、それをどこにも訴えようがない。どんなに大自然に向かって「ばかやろう」と叫んでも、沈黙したままである。悪魔のように沈黙したままである。泣き疲れ、叫び疲れた被災者は、止まった時計の針を進めることもなく、ぼんやりと夕日を見つめる。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.