今日の迷言・余言・禁言

“不明女性”は元気で発見される?

北海道旅行に来ていた中国の女性が“行方不明”となっている。この事件、中々ミステリアスだ。中国の福建省に暮らす小学校教論の危秋潔さん(26歳)は、一人で今月18日~25日までの予定で北海道に来ていた。そして、22日の朝までは何の問題もなく、洞爺湖→小樽→美瑛町と観光を続けていた。そして、予定では22日には旭川から富良野を見て歩く予定だったようだ。それまでの間、彼女はSNSを通じて中国の父親などとやり取りをしている。ところが、22日の午後になって彼女からの連絡が突然途切れる。元々、札幌にある“ゲストハウス”を拠点として動いていたのだが、その日の朝も、荷物は残したままで朝に外出している。防犯カメラによる外出時の服装を見ても、明らかに観光に出掛ける軽装で、小さな手提げバックだけ持って出ている。ただ一部報道では、彼女はその日、旭川には出向かず、午後まで札幌市内に居たような形跡も感じられる。そして、奇妙なのは22日の午後7時半ごろ、警察の発表によると阿寒湖の観光ホテルに一人でチェックインしていることが判明したことだ。そして翌朝、7時過ぎ、このホテルをチェックアウトしている。つまり、23日の朝までは彼女の道内滞在は確認されている。けれども、父親は22日の午後からは返信がないとしている。当然、22日の日に“何かがあった”と捉えなければならない。ただ、そうだとすれば予定外の阿寒湖のホテルに泊まっているのに、なぜ、それを連絡していないのか。誰かと泊まったのではなく、単独で泊まっているのだ。しかも、チェックインやチェックアウトの時間から見て宿泊するためだけに来ている。阿寒湖のホテルの場合、街からは離れているので、朝から動くのはちょっと不自然である。大昔、渡辺淳一が書いた『阿寒に果つ』という小説を思い出す。天才少女画家が真冬の阿寒湖を見ながら命果てていく…という物語だ。けれども、占いで見てみると、どうやら彼女は元気そうである。誰かについてどこかに行った形跡が窺われる。年上の男性かもしれない。何日か経って、占いの通りに彼女の“元気な姿”が報道されると良いのだが…。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.