今日の迷言・余言・禁言

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者により提出された研究論文だ。12年も前の論文が注目されたのには訳がある。その論文には「SARS-CoV2」「SARS-CoV3」という記述が頻繁に登場するからだ。この内の「SARS-CoV2」というのが、実は医学世界における「新型コロナウイルス」の“正式名称”なのだ。そして、それは2020年2月11日国際ウイルス分類委員会で正式に定められた。したがって、本来であれば、それ以前に使われているはずがない。ところが、なぜか2008年に分類された論文の中に、それは存在した。しかも「SARS-CoV2」という名称だけでなく「SARS-CoV3」という名称までが記述されている。どういう風に記述されているのかというと「C型肝炎ウイルス、コロナウイルス、鳥インフルエンザウイルス、RNAインフルエンザウイルス」というくくりの中で扱われている。実際には「コロナウイルス」の中に“三種のウイルス名称”が記されている。そして、これらが“或るシステム”によって発現され、つまり実験的に「つくられた」と記述しているのだ。これは何を意味するのか、最新の医学と医療に関しての研究を集めた「タイランド・メディカル・ニュース」というサイトの中で、この疑問が記事として掲載されている。一般に「新型コロナウイルス」は昨年末に中国の武漢海鮮市場で発生したということになっている。けれども、この仮説には当初から疑問符が投げかけられ、香港のウイルス専門家イエン・リーモン博士などは「武漢ウイルス研究所で作られた」と主張していた。専門家の多くは、この仮説に対して否定的だが、もし、2008年の研究論文を認めるなら、その可能性は否定できなくなる。あくまで実験室内での発現だが、“或るシステム”を用いることで、人工的に“新型コロナウイルス=SARS-CoV2”は“つくられるもの”だったということになる。さらに、実験室内では“次のコロナウイルス=SARS-CoV3”も発現させていた。2008年の論文を書いた8人は、いずれも中国人名である。そして、執筆者たちに問い合わたらしいが、反応は得られなかったらしい。都市伝説的に語られてきた“人工ウイルスの可能性”は、果たして解明されるのであろうか。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.