今日の迷言・余言・禁言

“与えられた仕事”と“掴み取る仕事”

仕事には大きく分けて、企業や上司から“与えられた仕事”と、自らの希望や選択で“掴み取る仕事”とがある。“与えられた仕事”は、当然ながら本人の“意にそわない仕事”の場合もある。けれども、その企業とか組織に属している以上、通常は引き受けなければならない。この仕事は嫌だと言って拒絶ばかりしていたなら、その企業や組織からは出ていかなければならない。解かりやすく言えば“クビ”になる。どうしても仕事を選択したいのなら、自ら独立して、或いはフリーで仕事をすればよい。もっとも、フリーになったからと言って、“好きな仕事”ばかり出来るかというと、そうはいかない。それどころか、仕事そのものが中々得られないケースさえもある。或いは、仕事そのものは自由に選択できるが、収入が見合わない、というケースも出て来る。本当に自分がやりたい仕事だけをやって、生活している人は驚くほど数少ないものだ。人間は“わがまま”に出来ていて、一見、やりたいことだけをやって生きているような人でも、自らの仕事に満足しているかと言えば、必ずしもそうではない。「他人の芝生はきれいに見える」で、自分が実際に行うまでは楽しそうに見えるような仕事でも、いざ自分で行ってみると苦労の連続が待っていたりする。自分の能力では難しいと気付かされることもあれば、苦労の割には成果が得られないことに愕然とすることもある。逆に、本当は“やりたい仕事”ではないけれども、仕方なく“与えられた仕事”と割り切って一生懸命に行っていくことで、充実感が得られるとか、達成感が得られるような場合もある。また十二分な報酬が得られることもある。昨日も、芸能界で13歳から仕事を始め、人気を得ていた女優が22歳になって突如引退した。多くの人が“憧れる職業”でも、そしてスポットライトの中で華やかに笑っていても、自らの仕事に“違和感”を覚えて、生きていること自体が辛くなることもある。誰もが、同じような“条件”の中で仕事をしている。彼女は自らの選択で“掴み取る仕事”に生涯を捧げようとしているが、その選択が正しいのかどうかは、神様にもわからない。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.