今日の迷言・余言・禁言

世にも恐ろしい「アルビノ」の呪術

世の中にはさまざまな「呪術信仰」や「迷信」がある。アフリカ南東部一帯に存在している「アルビノ呪術」信仰もその一つだ。「アルビノ」とは、“先天性色素欠乏症”とも“先天性白皮症”とも呼ばれるメラニン色素が欠乏した病気で、アフリカで黒人から生まれているのに“白人のような肌・髪・眼球”として成長していく人々のことである。こういう生まれつき「色素の乏しい子供たち」が、例えばマラウイ国には1万人もいる。つまり黒人なのに“色が白い”のだ。“白髪”の場合もあり、“金髪”の場合もある。黒人社会において“白い肌”は目立つ。それは古代から“呪術の対象”となった。古代中国でも先天性の“奇形児”は“天の御使い”とされていた。同じような慣習が、アフリカ南東部にあったに違いない。タンザニア国の呪術師は、アルビノの手肢の骨と臓器と血液を調合して「お守り」をつくる。この「お守り」用として、アルビノの“手肢”が必要なのだ。近年、それは高騰し、高値で取引される。さまざまな地域で殺害事件が起こり、国連の調査チームが現地調査に赴いた。その矢先に21歳のアルビノ女性が男10人に襲われ、手足の骨8個を取り除いた後で袋詰めにされ、土に埋められた。その主犯格は彼女の叔父であった。アルビノ事件に関連して、警察は最近になって心霊治療師や予言者と称する輩225人を逮捕したケースもある。「アルビノの骨は大金をもたらす」という噂が無くならない限り、この種の事件は続いていくだろう。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.