今日の迷言・余言・禁言

世にも恐ろしい「アルビノ」の呪術

世の中にはさまざまな「呪術信仰」や「迷信」がある。アフリカ南東部一帯に存在している「アルビノ呪術」信仰もその一つだ。「アルビノ」とは、“先天性色素欠乏症”とも“先天性白皮症”とも呼ばれるメラニン色素が欠乏した病気で、アフリカで黒人から生まれているのに“白人のような肌・髪・眼球”として成長していく人々のことである。こういう生まれつき「色素の乏しい子供たち」が、例えばマラウイ国には1万人もいる。つまり黒人なのに“色が白い”のだ。“白髪”の場合もあり、“金髪”の場合もある。黒人社会において“白い肌”は目立つ。それは古代から“呪術の対象”となった。古代中国でも先天性の“奇形児”は“天の御使い”とされていた。同じような慣習が、アフリカ南東部にあったに違いない。タンザニア国の呪術師は、アルビノの手肢の骨と臓器と血液を調合して「お守り」をつくる。この「お守り」用として、アルビノの“手肢”が必要なのだ。近年、それは高騰し、高値で取引される。さまざまな地域で殺害事件が起こり、国連の調査チームが現地調査に赴いた。その矢先に21歳のアルビノ女性が男10人に襲われ、手足の骨8個を取り除いた後で袋詰めにされ、土に埋められた。その主犯格は彼女の叔父であった。アルビノ事件に関連して、警察は最近になって心霊治療師や予言者と称する輩225人を逮捕したケースもある。「アルビノの骨は大金をもたらす」という噂が無くならない限り、この種の事件は続いていくだろう。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.