今日の迷言・余言・禁言

世にも恐ろしい「アルビノ」の呪術

世の中にはさまざまな「呪術信仰」や「迷信」がある。アフリカ南東部一帯に存在している「アルビノ呪術」信仰もその一つだ。「アルビノ」とは、“先天性色素欠乏症”とも“先天性白皮症”とも呼ばれるメラニン色素が欠乏した病気で、アフリカで黒人から生まれているのに“白人のような肌・髪・眼球”として成長していく人々のことである。こういう生まれつき「色素の乏しい子供たち」が、例えばマラウイ国には1万人もいる。つまり黒人なのに“色が白い”のだ。“白髪”の場合もあり、“金髪”の場合もある。黒人社会において“白い肌”は目立つ。それは古代から“呪術の対象”となった。古代中国でも先天性の“奇形児”は“天の御使い”とされていた。同じような慣習が、アフリカ南東部にあったに違いない。タンザニア国の呪術師は、アルビノの手肢の骨と臓器と血液を調合して「お守り」をつくる。この「お守り」用として、アルビノの“手肢”が必要なのだ。近年、それは高騰し、高値で取引される。さまざまな地域で殺害事件が起こり、国連の調査チームが現地調査に赴いた。その矢先に21歳のアルビノ女性が男10人に襲われ、手足の骨8個を取り除いた後で袋詰めにされ、土に埋められた。その主犯格は彼女の叔父であった。アルビノ事件に関連して、警察は最近になって心霊治療師や予言者と称する輩225人を逮捕したケースもある。「アルビノの骨は大金をもたらす」という噂が無くならない限り、この種の事件は続いていくだろう。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.