今日の迷言・余言・禁言

世の中「困っちゃう人」というのは居るもので…

こういう話は“初耳”ではない。だが、何んとも「困ったもの」としか言いようがない。「刑務所に入りたかった」というのだ。う~ん、確かに“住まい(⁉)”と“食事”は与えられるのだが…。せっかく数日前、刑務所を出て来たばかりだというのに…。きっと、彼にとっては“通常の世の中”は暮らしにくいところなのに違いない。けれども、まだ55歳。その気になれば、もうひと踏ん張りできるのに、“刑務所に入りたい”なんて何んともやるせない希望なのだ。しかも、彼は数年前にも、同じことをやって、捕まっているのだ。「4プラに爆弾を仕掛けた」と110番通報をしたのだ。せめて、向かいのビルにするとか、ススキノのビルに変えるとか、とにかく“工夫”というものがない。“4プラ”というのは「4丁目プラザビル」のことで、札幌市民なら誰でも知っている。この通報をした後で、彼が行ったのは、これも札幌市民なら誰でも知っている「大通公園」を出刃包丁を持ってうろつくことだった。そして、彼は“望み通り”庶民からの通報で駆けつけた警察官に6月8日午前11時頃“現行犯逮捕”された。その後の供述で、訊かれもしないのに110番通報を行ったのも自分であると、罪を増やして再逮捕された。もちろん、ビルの方にも警察官が駆け付け、店内をくまなく捜索したが“それらしきもの”は無かった。だから、本人が供述しなければ、単なる“イタズラ電話”にされてしまうところだった。せめて、それらしきものを置いてくるとか、とにかく努力というものがない。何かの本に、こういうタイプの人は、刑務所内の規律に対してはことごとく“従うタイプ”なので、どうしても刑期が多少軽減され、予定より“早め”に出てくる。刑期中に行わなければならない“社会復帰のための軽作業(仕事)”にはとても熱心な場合が多いという。つまり、働くことが“根っから嫌い”というタイプではない。ところが、どういうものか、実際に社会に復帰すると、すぐ犯罪を犯して、舞い戻ってくる。刑務所が「我が家」になってしまっているのだ。再犯だから、多少、刑期は重くなる。だが、多分だが「模範囚」になるはずなので、そんなに長くは居られない。そうすると、また…。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.