今日の迷言・余言・禁言

世の中「困っちゃう人」というのは居るもので…

こういう話は“初耳”ではない。だが、何んとも「困ったもの」としか言いようがない。「刑務所に入りたかった」というのだ。う~ん、確かに“住まい(⁉)”と“食事”は与えられるのだが…。せっかく数日前、刑務所を出て来たばかりだというのに…。きっと、彼にとっては“通常の世の中”は暮らしにくいところなのに違いない。けれども、まだ55歳。その気になれば、もうひと踏ん張りできるのに、“刑務所に入りたい”なんて何んともやるせない希望なのだ。しかも、彼は数年前にも、同じことをやって、捕まっているのだ。「4プラに爆弾を仕掛けた」と110番通報をしたのだ。せめて、向かいのビルにするとか、ススキノのビルに変えるとか、とにかく“工夫”というものがない。“4プラ”というのは「4丁目プラザビル」のことで、札幌市民なら誰でも知っている。この通報をした後で、彼が行ったのは、これも札幌市民なら誰でも知っている「大通公園」を出刃包丁を持ってうろつくことだった。そして、彼は“望み通り”庶民からの通報で駆けつけた警察官に6月8日午前11時頃“現行犯逮捕”された。その後の供述で、訊かれもしないのに110番通報を行ったのも自分であると、罪を増やして再逮捕された。もちろん、ビルの方にも警察官が駆け付け、店内をくまなく捜索したが“それらしきもの”は無かった。だから、本人が供述しなければ、単なる“イタズラ電話”にされてしまうところだった。せめて、それらしきものを置いてくるとか、とにかく努力というものがない。何かの本に、こういうタイプの人は、刑務所内の規律に対してはことごとく“従うタイプ”なので、どうしても刑期が多少軽減され、予定より“早め”に出てくる。刑期中に行わなければならない“社会復帰のための軽作業(仕事)”にはとても熱心な場合が多いという。つまり、働くことが“根っから嫌い”というタイプではない。ところが、どういうものか、実際に社会に復帰すると、すぐ犯罪を犯して、舞い戻ってくる。刑務所が「我が家」になってしまっているのだ。再犯だから、多少、刑期は重くなる。だが、多分だが「模範囚」になるはずなので、そんなに長くは居られない。そうすると、また…。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.