今日の迷言・余言・禁言

世界に広がる「温泉」の文化

言葉不要の“日本文化”は世界中に広まりやすい。今や「マンガ」や「スシ」や「ラーメン」や「カワイイ・ファッション」や「カラオケ」などは世界中に浸透しつつある。昔、欧米人は“日本語は話せない”“箸は使えない”“大浴場は使わない”のが当たり前だったが、これも最近ではマスターしている人たちが多くなった。特に日本の「温泉」に関しては、一度体験すると“病みつき”になる人たちが多いらしい。ヨーロッパのハンガリーには、ローマ時代から“温泉大浴場”があって、現在でも大人気だといわれる。そういえばヨーロッパではないが台湾にも“温泉文化”はある。一部、高級ホテルでは日本と同じような“温泉施設”を備えているが、ホテル代は大変に高額である。つまり、温泉はどの人種でも“本当は好き”なのだ。ハンガリーの温泉では“特別のヒーリング効果”が知られていて、そういう意味で利用する人たちも多い。ただ日本と異なるのは、温度が“低め”に設定されていることと、“水着着用”で入ることである。この“水着着用”というのが、日本人からすると抵抗がある。それでは“心から癒されない”と思ってしまう。旅番組ではないのだから、全裸でないと“心身がリラックスできない”のが我々の感覚なのだ。ただ逆に言うと、それ以外では“世界基準”で「オンセン」は通用する。日本のように“火山地帯”でなければ“温泉”そのものが噴出しないので、そういう意味では世界中に広めることは難しいが、逆に「観光日本」を売り込むうえで“温泉”は最高のアピールポイントなのだ。特に“露天温泉風呂付個室”は、人前で裸になるのを嫌う人でも楽しむことができる。欧米人には最高のもてなしとなる。ただ、これは私の個人的感想かもしれないが、総じて個室に併設された“温泉風呂”は温度が高く設定されている。もう少し“低く”しないと、外国人には“熱すぎる”と感じられるはずだ。それにしても、大浴場などでも、なぜあんなに“高温の温泉”を老人たちは好むのか、平気なのか、その点は少年のころからの私の「謎」である。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.