今日の迷言・余言・禁言

世界に広がる「温泉」の文化

言葉不要の“日本文化”は世界中に広まりやすい。今や「マンガ」や「スシ」や「ラーメン」や「カワイイ・ファッション」や「カラオケ」などは世界中に浸透しつつある。昔、欧米人は“日本語は話せない”“箸は使えない”“大浴場は使わない”のが当たり前だったが、これも最近ではマスターしている人たちが多くなった。特に日本の「温泉」に関しては、一度体験すると“病みつき”になる人たちが多いらしい。ヨーロッパのハンガリーには、ローマ時代から“温泉大浴場”があって、現在でも大人気だといわれる。そういえばヨーロッパではないが台湾にも“温泉文化”はある。一部、高級ホテルでは日本と同じような“温泉施設”を備えているが、ホテル代は大変に高額である。つまり、温泉はどの人種でも“本当は好き”なのだ。ハンガリーの温泉では“特別のヒーリング効果”が知られていて、そういう意味で利用する人たちも多い。ただ日本と異なるのは、温度が“低め”に設定されていることと、“水着着用”で入ることである。この“水着着用”というのが、日本人からすると抵抗がある。それでは“心から癒されない”と思ってしまう。旅番組ではないのだから、全裸でないと“心身がリラックスできない”のが我々の感覚なのだ。ただ逆に言うと、それ以外では“世界基準”で「オンセン」は通用する。日本のように“火山地帯”でなければ“温泉”そのものが噴出しないので、そういう意味では世界中に広めることは難しいが、逆に「観光日本」を売り込むうえで“温泉”は最高のアピールポイントなのだ。特に“露天温泉風呂付個室”は、人前で裸になるのを嫌う人でも楽しむことができる。欧米人には最高のもてなしとなる。ただ、これは私の個人的感想かもしれないが、総じて個室に併設された“温泉風呂”は温度が高く設定されている。もう少し“低く”しないと、外国人には“熱すぎる”と感じられるはずだ。それにしても、大浴場などでも、なぜあんなに“高温の温泉”を老人たちは好むのか、平気なのか、その点は少年のころからの私の「謎」である。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.