今日の迷言・余言・禁言

世界の先を歩んだ「日本」

世の中には“先んじる”ということが、良いとは言えない場合もある。日本は確かに“世界の先”を歩んだ。「原爆」「VXガス」「サリン」…それらが“一般市民”に使用された国だからだ。まだ記憶に新しい金正男氏の暗殺。それは“VXガス”だった。そこで“オウム真理教”の事件が蘇ったのだが、今月4日の朝、今度はシリア国内で“サリン攻撃”が行われたらしい。これまた“オウム”の事件だ。日本は哀しきかな“世界の先”を歩んだが、それが“世界の教訓”とはなっていないようだ。そして、今回も戦争には直接関係していない一般の市民が犠牲者となった。戦争中であっても「サリン」は使用してはいけない禁止薬物である。世界192か国がこれに加盟している。今回、どこが攻撃を仕掛けたのかはわからない。実はシリア北部は反体制派が支配する地域だが、“アサド政権軍”、“ロシア軍”、“アルカイダ系組織”、“米国系有志連合軍”、何んと四つもの組織から“攻撃対象”とされている地域なのだ。これでは、とても一般庶民が穏やかに暮らせるはずがない。だから、多くの人達が危険を冒しても難民移動をする。ちなみに北朝鮮は「サリン」禁止薬物の加盟国ではない。戦争になったなら、使用する可能性もあるのだ。そう考えると、早い段階で“オウム真理教”のサティアンを壊滅したのは良いことだった。禁止薬物を大量に製造する可能性があったからだ。あの当時、オウム真理教はロシアに第二の拠点を設けようとしていた。その次は北朝鮮だった可能性もあるからだ。何しろ“青酸カリ”の500倍の毒性を持っているのが“サリン”だ。そういえば大昔、私が子供の頃に「サッカリン」と呼ばれる謎の調味料が売られていた。あの“白く光るぶつぶつ”をなめてみたい衝動に駆られていた私はおかしかったのだろうか。


最近の記事はこちら

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.