今日の迷言・余言・禁言

世界を「ゆる~い宗教」に変えていこう⁉

スリランカでキリスト教の“復活祭の日”に起きた連続爆発テロ事件は257人の犠牲者と500人以上の負傷者とを出した。地元イスラム過激派組織による犯行だった。その結果、どうしてもスリランカ政府としては自国に居るイスラム教徒たちに対し厳しい取り締まりを発動せざるを得ない。既に公衆の場でのイスラム女性の宗教的服装は禁じられた。身体のラインを隠す服装や、顔を全面的に隠す衣裳を禁じたのだ。自爆テロを見抜けなくなるからだ。それだけでなく5日には国内に居る外国人600人を国外追放とした。その多くはイスラム教の聖職者たちだった。直接的には事件に関係ないとしても、国民の多くが不安を抱える状況で野放しには出来ない。日本人にとっては、キリスト教とイスラム教とが、どうしてそんなにまで対立しなければならないか理解が難しいが、大昔から“民族宗教”というのは、その民族を“勝利に導く神”として存在している。したがって、勝利に導くためには“手段を択ばない”風な考え方が根底にある。しかもその“勝利”というのは、必ずしも“自分の時代”でなくても“子孫の時代”であっても良い、という考え方をする。だから、自爆テロが無くならないのだ。しかも、イスラム聖職者たちが何より重視する「イスラム法」というのは“男尊女卑”の典型であるし、その刑罰の仕方も“ムチ打ち”とか“石投げ”とか前時代的である。同じ日、ブルネイ王国のボルギア国王は、4月に施行した“不倫と同性愛行為”に対しての刑として定めてある“投石による死刑”の適用を猶予すると発表した。この“処刑”に対しては、世界的に多数の人権団体などから批判が高まっていたもので、それを考慮したかに思われる。ブルネイ王国というのは、あまり日本人にはなじみが少ないが、経済的には大変に豊かで恵まれた生活をしている。その変わりというわけでもないだろうが、宗教的にはアジア圏としてはかなり厳しい。厳格なイスラム教に従っている人たちが多い。私は以前、日本にホームスティしているブルネイ王国の中学生の少女を鑑定したことがあるが、日本に来て1年以上経つのに、室内でもスカーフを外さななかった。その時、タイから来ている少女も鑑定したのだが、その少女の方は好奇心いっぱいで楽しそうだった。ブルネイの少女は一言も聞き逃すまいというような真剣な表情を最後まで崩さなかった。“ゆる~い宗教”の国、日本を彼女はどのように感じながら過ごしたのか。そして、本国に帰って後「神」に、どう報告したのだろう。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.