今日の迷言・余言・禁言

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だったが、心霊医として一世を風靡した人物がいた。当時、心霊治療というのはブラジルだけでなく、フィリピンでもあったし、メキシコやインドネシアでもあった。日本からも“心霊治療”の為だけのツアーが組まれたりした。現代は「心霊治療」という呼び方はしないらしい。ブラジルで自称“霊媒医”を名乗っていたのが、ジョアン・ジ・デウスことジョアン・ジ・ファリア(76歳)という人物であった。ブラジルだけでなく、ヨーロッパやオーストラリアなどからも依頼者が絶えない人気の「霊媒医」である。ところが、つい最近、12名の女性達から告発を受けた。治療名目で“性的虐待”を受けたというのである。TV番組内で勇気ある告発を行った。うつ病などの女性達に対して、ジョアン氏は「浄化の力」を注入する唯一の方法だとして、彼自身のペニスを触ったり、或いはしゃぶるよう強要したというのだ。しかも、その中の一人でオランダ人女性は“強姦までされていた”というのだ。このTV番組とは別に、地元新聞社の記者取材からも、別な女性達が「浄化の力」について同様な告発をしている。実際、その治療法はジョアン氏の「スピリチュアル診療施設」内で、患者女性を自らの両肢の間に“下着姿で跪かせる形”で行われており、もう“その写真”だけで「アウト‼」と言いたくなるような雰囲気なのだ。もっとも、昔から中南米に存在する呪術宗教などでも“似たような方法”を行うことがあり、患者を下着姿にすることや患者を接近させること自体はギリギリセーフと言えないことはない。事実、ジョアン氏側は猛反発していてTV報道は“嘘の内容”であるとし、自分は「正統な治療を施している」と主張している。そもそも「霊媒医」そのものが“正当な治療”かどうか疑問だが、やっぱり「両肢の間に跪かせる形」だけは、変えた方が良いような…。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.