今日の迷言・余言・禁言

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だったが、心霊医として一世を風靡した人物がいた。当時、心霊治療というのはブラジルだけでなく、フィリピンでもあったし、メキシコやインドネシアでもあった。日本からも“心霊治療”の為だけのツアーが組まれたりした。現代は「心霊治療」という呼び方はしないらしい。ブラジルで自称“霊媒医”を名乗っていたのが、ジョアン・ジ・デウスことジョアン・ジ・ファリア(76歳)という人物であった。ブラジルだけでなく、ヨーロッパやオーストラリアなどからも依頼者が絶えない人気の「霊媒医」である。ところが、つい最近、12名の女性達から告発を受けた。治療名目で“性的虐待”を受けたというのである。TV番組内で勇気ある告発を行った。うつ病などの女性達に対して、ジョアン氏は「浄化の力」を注入する唯一の方法だとして、彼自身のペニスを触ったり、或いはしゃぶるよう強要したというのだ。しかも、その中の一人でオランダ人女性は“強姦までされていた”というのだ。このTV番組とは別に、地元新聞社の記者取材からも、別な女性達が「浄化の力」について同様な告発をしている。実際、その治療法はジョアン氏の「スピリチュアル診療施設」内で、患者女性を自らの両肢の間に“下着姿で跪かせる形”で行われており、もう“その写真”だけで「アウト‼」と言いたくなるような雰囲気なのだ。もっとも、昔から中南米に存在する呪術宗教などでも“似たような方法”を行うことがあり、患者を下着姿にすることや患者を接近させること自体はギリギリセーフと言えないことはない。事実、ジョアン氏側は猛反発していてTV報道は“嘘の内容”であるとし、自分は「正統な治療を施している」と主張している。そもそも「霊媒医」そのものが“正当な治療”かどうか疑問だが、やっぱり「両肢の間に跪かせる形」だけは、変えた方が良いような…。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.