今日の迷言・余言・禁言

中国語やタイ語があふれる街

年末が近づくと、どこのデパートも大賑わいである。土・日には、エレベーターが“すし詰め状態”になる。特別なことではない。けれども最近気づくのは外国人比率の高いことだ。エレベーター内部で交わされる言葉が日本語ではない。そこで初めて周囲の人たちが日本人ではなかったと気付く。中国語やタイ語、それに韓国人のハングル(朝鮮語)も多い。彼らは、よく見ると外人だと気づくが、間近で顔を視なければ、或いは言葉を聞かなければ、他の国から来ている人々だとは気付かない。それくらい自然にエレベーターへと乗り込んでくる。夏場はともかく、冬場の場合、札幌へ来てから購入した防寒着を着ている場合も多く、服装では見分けがつかない。多分、暖かい地域から来ている人たちの場合、冬場の札幌の街中を長時間歩くのは厳しいので地下道に入り、デパートを目指すことが多くなるのだろう。日本人でも、沖縄から来ている人たちなら同様なルートを辿るに違いない。格安航空が就航するようになって、タイやマレーシアやシンガポールからの訪日客も多くなった。札幌の場合、外国人が見て回るような場所はだいたい決まっている。寒い屋外を長時間歩くのは、慣れているわれわれでも大変なのだ。東南アジアの人々にとっては、地下道や地下街がなければ、とても長時間は楽しめないだろう。ただ札幌の場合は、最近どの駅や地下歩道やデパートでも、日本語表示だけでなく、中国語、韓国語、タイ語、英語の四か国語が併記されつつある。なかなか親切な国だ。トイレの中にまで併記してある。つまり、外国人にとって迷うことなく買い物が出来るのがデパートの強みなのだ。中には外国人富裕層向けに店舗内の一角を改装しているデパートも多い。ところが、富裕層を狙って改装したとたんに“爆買い”が無くなった。人民元が安くなり、土産物に関税が掛けられるよう変わって、日本から買って帰る意味がなくなったのだ。それにしても、まるで日本に暮らしているような雰囲気の観光客を見るたび、われわれは海外に行って、こういう風に自然に振舞えているだろうかと思う。先日は、レストランでわれわれの方が外国人に間違えられたのだが…。


最近の記事はこちら

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

インドが「CoCo」で埋め尽くされる日

今から30年以上前、私はビルの中にあった“占いハウス”に出勤する形の占い師だった。或る日、30代半ばくらいのちょっとハーフっぽい男性がやって来た。彼は口数の少ない日本人だったが、ドイツで寿司職人をして…続きを読む

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.