今日の迷言・余言・禁言

予測的中「マヤ文明最大の建造物」発見は、まだ序曲⁉

私は今回発見・発表された“マヤ遺跡”のすぐ近くから、定説を覆す「マヤ文字遺跡」が発見された時、つまり今年3月12日に《来るか「古代文明」の“謎の発見”連鎖⁉》と題して、今年の場合には“地球異変”が起こりやすいということを前提に《今年はそういう地味だが貴重な「古代文明の発見や解明」が次々もたらされる年になるのではないか》と記した。それを証明するように昨日英国のネイチャー誌上で「マヤ文明最大の建造物」(南北に1400m、東西に400m)が地下に存在していることをレーザー測量によって確認公表した。9本の道路や人工貯水池なども確認している。アグダナ・フェニックス遺跡と呼ばれる。この発見のすごいところは、米アリゾナ大の猪俣教授、日茨城大の青山教授など“日本人主体のチーム”であることだ。近年、マヤ・アステカ文明など中米の古代文明には日本人の研究者が指揮をとっているケースが多い。古代文明の発掘・研究には時間と費用が掛かる。費用さえ出してくれるのなら、日本人研究者は地元研究者たちと力を合わせて、着実で信頼に値する研究を粘り強く成し遂げるのに相応しい。今回の建造物だけでなく、マヤ文明には、まだまだ未開拓の領域が眠っている。今回の発見で価値があるのは、紀元前1000年頃から200年くらいかけて築いた祭祀用基壇であろうと予測していることだ。これまでにも、マヤ文明は紀元前から始まっているとはされていたが、明確な遺跡が見当たらなかった。今回の発見で、改めて「マヤ文明」が、「古代エジプト文明」や「古代中国文明(殷王朝文明)」と同じような時代に、既に“立派な文明”として存在していたということが明らかになった。もちろん、今年の発見が、これだけで“お終い”になるとは思えない。“地球異変”の年だからこその発見は今後も続く。そうあってほしいとの思いも込めて、次の“発見”がもっと“度肝を抜くような発見”であることを期待したい。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.