今日の迷言・余言・禁言

予測的中「マヤ文明最大の建造物」発見は、まだ序曲⁉

私は今回発見・発表された“マヤ遺跡”のすぐ近くから、定説を覆す「マヤ文字遺跡」が発見された時、つまり今年3月12日に《来るか「古代文明」の“謎の発見”連鎖⁉》と題して、今年の場合には“地球異変”が起こりやすいということを前提に《今年はそういう地味だが貴重な「古代文明の発見や解明」が次々もたらされる年になるのではないか》と記した。それを証明するように昨日英国のネイチャー誌上で「マヤ文明最大の建造物」(南北に1400m、東西に400m)が地下に存在していることをレーザー測量によって確認公表した。9本の道路や人工貯水池なども確認している。アグダナ・フェニックス遺跡と呼ばれる。この発見のすごいところは、米アリゾナ大の猪俣教授、日茨城大の青山教授など“日本人主体のチーム”であることだ。近年、マヤ・アステカ文明など中米の古代文明には日本人の研究者が指揮をとっているケースが多い。古代文明の発掘・研究には時間と費用が掛かる。費用さえ出してくれるのなら、日本人研究者は地元研究者たちと力を合わせて、着実で信頼に値する研究を粘り強く成し遂げるのに相応しい。今回の建造物だけでなく、マヤ文明には、まだまだ未開拓の領域が眠っている。今回の発見で価値があるのは、紀元前1000年頃から200年くらいかけて築いた祭祀用基壇であろうと予測していることだ。これまでにも、マヤ文明は紀元前から始まっているとはされていたが、明確な遺跡が見当たらなかった。今回の発見で、改めて「マヤ文明」が、「古代エジプト文明」や「古代中国文明(殷王朝文明)」と同じような時代に、既に“立派な文明”として存在していたということが明らかになった。もちろん、今年の発見が、これだけで“お終い”になるとは思えない。“地球異変”の年だからこその発見は今後も続く。そうあってほしいとの思いも込めて、次の“発見”がもっと“度肝を抜くような発見”であることを期待したい。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.