今日の迷言・余言・禁言

二分化していく「イスラム」の女性たち

フランスでも、ドイツでも、テロへの警戒感から“イスラム女性たち”への規制が強化されつつある。フランスでは“イスラム女性”の着用する「ブルキニ」と呼ばれる“肌を露出しない水着”が一部地域で禁止され始めた。ドイツでも“全身を覆い隠す”衣装である「ブルカ」の公共着用を禁止する自治体が出てきた。ちなみにイスラム原理主義思想では、女性は公共の場では「ブルカ」着用を義務付けている。ここでいう「ブルカ」は“目までも隠す黒い衣装”を言う。目の部分は“網目”になっているのが本来の姿だ。元々イスラム教は中東で生まれた宗教であるから“暑い地域”に信仰者が多い。その“暑い地域”で、一生涯“全身を覆いつくす黒い衣装のまま”過ごさなければならない。なんとも“自由のない過酷な宗教”ではないか。しかも、女性に対してのみの規制である。さすがに近年は“原理主義”からは少し外れた“眼だけは出す”「ニカブ」も多くなった。さらには東南アジアのように“髪の毛を隠せばOK”のような“緩い地域”も出てきている。そういう地域では、衣裳そのものもファッショナブルとなり、様々な色やデザインも取り入れ始めている。要するに“肌の露出だけは控える衣裳”へと転換しつつある。けれども、まだまだそういう地域は少なく、厳格な“本来の姿”を固執している宗派もある。そういう国や地域では「聖戦(ジハード)」に対する考え方も強いので、命令されれば「ブルカ」や「ブルキニ」に自爆装置を隠して“大衆に紛れる”行為も辞さない。敵を許さず、敵を懲らしめることが“神の偉大さを証明すること”と信じてやまない人たち、それが“原理主義思想”だからだ。「ブルキニ」や「ブルカ」の着用禁止は“イスラム女性への差別”として、人権団体などからの反発も強い。ただ「ブルカ」の着用義務そのものが“女性の人権を無視している”との見方もある。東南アジアなど“緩い地域”のイスラム教が普及していけば、やがて“服装は自由で良い”というところまで進めば、世界はもっと“平和になる”ような気がする。 


最近の記事はこちら

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.