今日の迷言・余言・禁言

交渉事に不向きな日本人

岸田外務大臣の“日露交渉の展開”などを見ていると、つくづく日本人は“交渉事”に向いていないな、と実感する。“日露交渉”だけではない。さまざまな国との交渉や取引でそれを感じる。近年は世界の情勢が揺れ動いていて、平穏な時代とは異なる。そういう時には、臨機応変な“交渉術”が必要で、日本のような“術”というものが感じられない“交渉・取引”では最初から勝ち目がない。ところが、日本人は“術”を嫌う。要するにどこかで“駆け引きをしてはならない”と考えている風なところがある。“誠実さ”こそ世界を征する、とでも思っているかのようだ。そういうものは残念ながら国際社会では通用しない。この“どうしようもない事実”を日本人は解っていない。というよりも“解りたがらない”国民性を持っている。「四島一括即時返還」などと未だに真顔で言う人たちがいる。そんなことを言っていたら、永遠に四島とも戻らない。日本に理解を示すプーチン氏でさえも「ヒキワケ」という譲歩案なのだ。ロシア国民の大多数は、それすら拒否なのである。「四島一括」などと言ったら、プーチンの面目丸つぶれではないか。だからプーチン氏は二時間も岸田氏を待たせたのだ。それを口にさせないためである。本来なら、あまりに“無礼な行為”だが、プーチン氏にしてみれば、先にそれを行ったのは日本だろう、ということになる。せっかく自分が「ヒキワケ」という最大級の“譲歩案”をさりげなく提示しているのに、日本のマスコミは最初から「四島一括を!」の大合唱である。それでは、ロシア国民が承知するはずがない。もし、どうしてもそこをついてくるなら、北方領土に関しての交渉は“封印する”という意思表示なのだ。北朝鮮との“拉致問題”でもそうだが、相手側が少しでも歩み寄ってきたなら、とりあえず“その部分”でテーブルに着くのが、交渉・取引の常識なのだ。日本人からすると“誠意なき態度”だが、国際社会では“それが交渉事”なのだから、ここで“誠実さ”など持ち出しても意味がない。「武士道」は通用しないのだ。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.