今日の迷言・余言・禁言

人は「過去」を引き摺りながら生きていく

人はだれでも間違いを犯す。近年、日本ではその“間違い”を簡単には許してくれない風潮が強い。昔は「仏の顔も三度」という感じで、許すケースが多かったように思うが、最近は一度であっても“許されない”ケースが多い。もちろん、悪いことをして“罪”を犯したなら、それは償わなければならない。問題は、その後だ。たまたま男子柔道で2大会連続で金メダルを勝ち取り、指導者としても順調だった人生が「セクハラ発覚」で人生の“どん底”を見たのが内柴正人氏である。最近の彼を取材した記事を読んだ。現在は熊本県八代市の温泉銭湯「つる乃湯八代店」においてマネージャーとして“雑用全般”を取り仕切っているらしい。元金メダリストは柔道とは無縁の職場で頑張っていた。けれども、落ちぶれた印象はない。それは、彼が現在の仕事に、それなりの“生きがい”を見出しているからだ。ここが重要なのだ。実は、昨年の12月まで彼はキルギスに居た。しかも、キルギスの柔道連盟総監督という重責を担っていた。ところが最初2年間の契約は更新されず、帰国の形となった。この辺の事情については語られていないが、おそらく、何かがあったからだろう。同じような形で、華やかな世界から“消えた人物”がいる。押尾学氏だ。彼もまたMDMAという薬物の使用で、ホテル内で一緒に居たホステスが亡くなって、その責任を問われた。結果的に人を殺めたのだから、芸能界復帰は絶望的となった。彼の記事も出ていて、今は一般人として普通の仕事に就いているらしい。私はいつも思うのだが、芸能界とかスポーツ界とか“華やかな世界”だけが人生ではない。特に、何らかの形で「罪」を犯した人は、やはり“その十字架”は背負って生きていかなければならない。それから背を向けることは許されることではない。けれども、その一方、新たなる世界も無数に存在することは知っておいた方が良い。人はともすれば“その世界”以外には、自分が生きる世界は存在していないのではないか、と思いがちである。けれども、気持ちさえ切り替え、新たなる仕事に心血を注ぐなら、必ず“新たなる世界”で能力を発揮するようになる。出直しの時間は必要だ。“新たなる世界”に心血を注げない場合は、転落の一途をたどる。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.