人相教室

人形相法と顔面十二宮

顔面12宮位置と名称

命宮(めいきゅう)―眉間中央―人形相法では「胸の位置」にあたり、心の中で思っていることがそのまま血色として表れます。心が晴れやかだと命宮も晴れやかとなり、心が悩み苦しんでいると命宮にも暗色が出現します。怒っている時には、命宮も赤気に満ちで来るものです。
財帛宮(ざいはくきゅう)―鼻の下部―鼻頭と小鼻の両方を含みます。「財帛」とは現代で云う「財布」のことで、小鼻にある穴が「お金の出入り口」に相当しています。したがって鼻の穴が大きい人は大金の出入りする相であり、真正面からでも見えると浪費がちとなります。
兄弟宮(きょうだいきゅう)―眉そのもの―実際には眉の周辺も少しだけ含みます。眉と云うのは元々「血の余り」で、「兄弟をはじめとする血縁者」の動向が現れるところとします。したがって眉が途中で切れているのは、兄弟・親族に不測の災難による死者ありの相とします。
田宅宮(でんたくきゅう)―眼と眉の間―ここは一般に、欧米人は狭く、東洋人は広いと考えられがちですが、実際にはそうとも言えません。欧米でも相続財産を所有している人は広くなっています。「田宅」とは「家屋敷」のことで、ここが広いと立派な不動産を取得できます。
男女宮(だんじょきゅう)―下まぶた―厳密には下まぶたそのものと、その下の大きな「涙堂」とが含まれます。主として子供との関係を表す部位で、下まぶたのライン中央付近にホクロがあると、子供を早期に亡くす可能性が高いものです。「涙堂」は部下運を見るところです。
奴僕宮(ぬぼくきゅう)―口の両脇下部―古典的人相の書物には、法令線の外側を「奴僕」としているものが多いのですが、自分に従う「従属者」的な意味合いが強い「奴僕」は、口の両脇下部が位置としてふさわしいものです。ここが発達していないと部下・後輩が付いてきません。
夫妻宮(ふさいきゅう)―眼尻後方―古典的な相書では「妻妾宮」と呼ばれ、配偶者と愛人に関することが表出される部位としていました。昔は人相が「男性対象の方術」だったからです。眼尻に近い部分が配偶者や恋人との関係で、眼尻後方には愛人や浮気相手との関係が出ます。
疾厄宮(しつやくきゅう)―鼻峰中央―通常は「両目の間」とされていますが、実際には鼻峰中央全体が含まれるものです。文字通り「疾病」と「災厄」とが出現する場所で、ホクロガある場合は内部疾患としての重い病気や、不測の事故や怪我による身体への影響が暗示されます。
遷移宮(せんいきゅう)―額の両側―いわゆる額における側頭部分を指します。その時々の移動運と居住地から見て遠方にあたる場所との関係を見ます。男性の中にはこの部分が抜け上がるタイプの方がいますが、海外や遠方に関することで幸運なチャンスを掴みやすい相です。
官禄宮(かんろくきゅう)―額の中央―人形相法では「頭部」に当たる位置で、本人の「社会的な顔」を表すところです。ここがオデコで発達している人は目上から引き立てられ、仕事運が強く、名誉や地位を与えられやすいものです。ここが窪むと、役所関連で悩みが生じます。
福徳宮(ふくとくきゅう)―眉尻上部―「福徳」とは現代的には「収入と人気」のことで、主として眉尻上部ですが、その上部までも含む広い範囲で作用することが少なくありません。眉尻に近いほど日常的金運となり、額に上がるほど財産としての所有物を表すことになります。
父母宮(ふぼきゅう)―額中央の左右―位置としては額の中段、両眼の上部の延長線上の辺りです。主として父親が左、母親が右の方に出現します。したがって、この部分にホクロや傷があれば、父母が早くに亡くなっているか、親子関係で何らかの支障を持っているものです。

人形相法による投影

図を見ていただくと分かるように、顔面上に人体を投影させたものが「人形相法(或いは小人形法)」と呼ばれる観方です。古来、秘伝として「望診判断(身体の健康診断)」などに用いられてきました。一説に、これは男性を見る時の観方で、女性の場合は「逆人形法」と呼ぶ、ちょうど逆立ちをしたような観方に変える―と云う説もありますが、私は当てはまらないので採用していません。
人形相法を使って観察すると、その人の身体がそのまま投影されていていることは事実で、たとえば片腕に支障があると眉に切れ目や乱れがあり、眉尻が完全に消えてしまっている場合は掌が欠けている形で、天から与えられる「贈与運」に乏しく、金銭的苦労が多いものです。眉間やや下部左に位置する部分に赤色や暗蒙色が現れると、心臓疾患の病を抱えているものです。鼻柱途中に傷がある場合は、胴体にも傷跡を持つ場合が多く、大きな怪我や事故、さらには手術痕があるケーも見られます。小鼻から両側に垂れる筋(法令線)は、足腰の強さや行動半径と関係が深く、線上にホクロや傷があれば肢に何らかの支障が出ます。女性でも足腰に自信があって職業意識の強い人は、法令線がクッキリとし、日頃から行動半径が広いものです。笑っても法令線がクッキリ出ない人は、両脚が欠けているようなもので、社会における自分の立ち位置を欠いているものです。サッカーの中田英は、法令線がクッキリとしていません。誰もが認める世界的サッカー選手でしたが、若くして燃えつき引退し、その後は世界各地を放浪し続けて、何をやるか定まっていないようです。人形相法では誰もが両脚を開いて立っていることになります。そこで女性の場合、人相上「人中」と呼ばれる鼻から口を繋ぐ溝部分は「膣、及び産道」を意味するものです。人中を欠いている女性は、産道を欠いていることになるので妊娠・出産できません。ただ、実際に妊娠して胎児が成長してくると、その胎児の画像は人中ではなく、子宮・下腹部を意味する鼻頭部分に丸く出現することになります。


最近の記事はこちら

【顔面上の流年法について】―その①―

●観相学上では古来「流年法」と呼ばれる特別な見方・判断方法があります。これは文字通り個々の顔面上の各部位に年齢を当てはめていくもので、その流年付近に、ホクロや、キズや、アザや、シミや、クボミや、シワや…続きを読む

人停・地停部位におけるホクロ

人停各部位におけるホクロ 部位 吉ボクロ 凶ボクロ 1にあれば… 家庭・家族に対し人一倍深い愛情を持ち続けて生きている人の相です。家庭内の問題を次々と解決していく手腕に満ちています。何世代かの家族たち…続きを読む

顔面のホクロの種々相

ホクロには、厳密に言えばホクロと呼べないものも含めて、いくつかの種類があります。まず、黒く皮膚上に盛り上がっているもの―これがもっともホクロらしいホクロで、俗に「生きボクロ」と呼ばれます。次に、黒いが…続きを読む

顎と頬の種々相

人相学上の「あご」には、口唇の真下にある「頤(あご)」と、側面から見なければ分からない「顎(あぎと)」とがあります。真正面から顎を観た時、もっとも目立つのが左右に張り出している顎です。一般的には戸外労…続きを読む

歯の種々相

歯を真横から見た時、外側に向かって突き出ているのは自己主張の強い人の相です。性格的には明るく、前向きで、開放的なところを持っています。多少、自分の意見や考え方を相手に押し付けるところはありますが、生活…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.