今日の迷言・余言・禁言

人気稼業の恐怖

またしても“地下アイドル”が襲われた。無名に近い“学生ミュージシャン”で、夜に「ライブ」出演予定だった冨田真由さんが全身20か所を刃物で刺され意識不明の重体らしい。おそらく“コアなファンだった男”がストーカーに変貌し、無視され続けたことで逆上し、ツイッターから独りで居る場所を把握して殺害を狙ったのだ。以前にも握手会場でアイドルが襲われたが、今回の場合、ライブ会場だと“すぐに制止される”ので、誰もいない路上の犯行を狙ったのだろう。ライブを前に“一人でも多くの人に来てほしい”という“地下アイドル”の願望が、居場所の特定を容易にしてしまった。「人気稼業」は“一人でも多くの人に…”という気持ちを常に持っている。どんな分野でも大手は巨費を投じて“売り出す”が、零細企業からのデビューは“宣伝資金”が乏しい。或る意味“売り出せない”ので、自分が“宣伝媒体”となる以外にないのだ。そこで、どうしてもネットを使った媒体で、つまり“ブログ”や“ツイッター”や“フェイスブック”などで“画像付き近況”を書き込むこととなる。コアなファンとのやり取りは“心をつかむ”重要な媒体だからだ。同時にそれは“私生活を知られていく”危険な賭けでもある。特に“異性のコアなファン”は、いつ、“ストーカーに変身”してしまうかもしれない可能性を“紙一重”で持っている。したがって、十代のうちから“人気稼業に就く”ということは、或る意味で“恐怖と隣り合わせ”で生活していくことでもある。プライベートを書き込んで良いのは、本当は“常にガードしてもらえる”大手に属しているアイドルだけなのだ。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.