今日の迷言・余言・禁言

人気稼業の恐怖

またしても“地下アイドル”が襲われた。無名に近い“学生ミュージシャン”で、夜に「ライブ」出演予定だった冨田真由さんが全身20か所を刃物で刺され意識不明の重体らしい。おそらく“コアなファンだった男”がストーカーに変貌し、無視され続けたことで逆上し、ツイッターから独りで居る場所を把握して殺害を狙ったのだ。以前にも握手会場でアイドルが襲われたが、今回の場合、ライブ会場だと“すぐに制止される”ので、誰もいない路上の犯行を狙ったのだろう。ライブを前に“一人でも多くの人に来てほしい”という“地下アイドル”の願望が、居場所の特定を容易にしてしまった。「人気稼業」は“一人でも多くの人に…”という気持ちを常に持っている。どんな分野でも大手は巨費を投じて“売り出す”が、零細企業からのデビューは“宣伝資金”が乏しい。或る意味“売り出せない”ので、自分が“宣伝媒体”となる以外にないのだ。そこで、どうしてもネットを使った媒体で、つまり“ブログ”や“ツイッター”や“フェイスブック”などで“画像付き近況”を書き込むこととなる。コアなファンとのやり取りは“心をつかむ”重要な媒体だからだ。同時にそれは“私生活を知られていく”危険な賭けでもある。特に“異性のコアなファン”は、いつ、“ストーカーに変身”してしまうかもしれない可能性を“紙一重”で持っている。したがって、十代のうちから“人気稼業に就く”ということは、或る意味で“恐怖と隣り合わせ”で生活していくことでもある。プライベートを書き込んで良いのは、本当は“常にガードしてもらえる”大手に属しているアイドルだけなのだ。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.