今日の迷言・余言・禁言

人生には「重い扉」を開かねばならない年がある

長い人生の中で、だれしも一度は自らが「重い扉」を開かねばならない年があるものです。ほかの誰でもなく、自分自身で「重い扉」を開かなければならない状態の時があるものです。誰もが躊躇し、逃げ出したい気持ちも入り交じりながら、その「重い扉」を開いてゆかなければ、前へとは進んでいけないことを“本能的に自覚している”時があるものです。日頃、神仏など信じないような人でも、そういうときには無意識に両手を合わせてしまうような“真摯な想い”が宿るものです。“合掌”というのは元々本能的な行為で、教えられなくても“真摯な想い”から運命に立ち向かうとき、人は自然とそういう意識になるものです。つまり、人はそれが“運命的な時”であるかどうか、或いは“運命的な状態”であるかどうか、本能的に“知る”ようにできているのです。人間の“潜在意識”は、自分の置かれた環境下で“少し先の未来の映像”をぼんやりと把握しているので、目の前に出現した「重い扉」が、他の人たちが開いてくれる“日常的な扉”か、人生に何度も出現しない“自分自身が開かなければならない扉”か、ちゃんと解るようにできているのです。「重い扉」の向こうには“新しい自分”が待っていることも、本能的に解っています。ただ“運命の扉”を開くためには、少しの勇気と“真摯な想い”が必要なのです。どんなに“逃げ出したくて”も、いつの間にか「重い扉」は眼前に迫っていて、容赦なく迫っていて、泣きながらでも開かなければならないものです。そういう時、人は背後に後ずさり出来ない“強い力”を感じて、前へと“突き出される”ように進み始めるのです。人間が「運命」という“どうしようもない巨大な力”に翻弄されながら生きていることを、改めて自覚するのは“そういう年”なのです。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.