今日の迷言・余言・禁言

人生には「重い扉」を開かねばならない年がある

長い人生の中で、だれしも一度は自らが「重い扉」を開かねばならない年があるものです。ほかの誰でもなく、自分自身で「重い扉」を開かなければならない状態の時があるものです。誰もが躊躇し、逃げ出したい気持ちも入り交じりながら、その「重い扉」を開いてゆかなければ、前へとは進んでいけないことを“本能的に自覚している”時があるものです。日頃、神仏など信じないような人でも、そういうときには無意識に両手を合わせてしまうような“真摯な想い”が宿るものです。“合掌”というのは元々本能的な行為で、教えられなくても“真摯な想い”から運命に立ち向かうとき、人は自然とそういう意識になるものです。つまり、人はそれが“運命的な時”であるかどうか、或いは“運命的な状態”であるかどうか、本能的に“知る”ようにできているのです。人間の“潜在意識”は、自分の置かれた環境下で“少し先の未来の映像”をぼんやりと把握しているので、目の前に出現した「重い扉」が、他の人たちが開いてくれる“日常的な扉”か、人生に何度も出現しない“自分自身が開かなければならない扉”か、ちゃんと解るようにできているのです。「重い扉」の向こうには“新しい自分”が待っていることも、本能的に解っています。ただ“運命の扉”を開くためには、少しの勇気と“真摯な想い”が必要なのです。どんなに“逃げ出したくて”も、いつの間にか「重い扉」は眼前に迫っていて、容赦なく迫っていて、泣きながらでも開かなければならないものです。そういう時、人は背後に後ずさり出来ない“強い力”を感じて、前へと“突き出される”ように進み始めるのです。人間が「運命」という“どうしようもない巨大な力”に翻弄されながら生きていることを、改めて自覚するのは“そういう年”なのです。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.