今日の迷言・余言・禁言

人間の「器」によって決まるものがある

よく人間の「器」というが、果たして「器」とは何なのか、わかっているようでよくわからない、わからないようで何となくはわかっている、それが「器」です。実は、これ運命学的にも“捉えどころ”がなく、基本的に“器の観方”というのは存在していません。単純に言えば、村長も“その村のトップ”です。首相も“その国のトップ”です。どちらも“一番になる生まれ”ということです。“社会的な地位・名誉”を与えられる生まれです。でも何かが違う。そう「器」が違うから、片方は“村のトップ”で止まり、片方は“国のトップ”まで上り詰めるのです。それで多くの人は本能的に、あの人は村長にはなれるけど、首相にはなれない、と感じます。「器」が違うからです。では、首相になれる人は、村長になれるのでしょうか。ここが重要で、多くの人が“勘違いしやすいところ”なのですが、実は「首相の器」の人は、村長にはなれないのです。つまり「器」が大きすぎて村長にはなれないし、向いてもいないのです。「運命」という尺度から考えると、この部分はとても重要で、大きすぎると“規格外”となるので、小さすぎるところでは“実力を発揮できない”のです。これは“どの分野にも当てはまる”法則で、世界的な企業のトップに上り詰める人と、町工場のトップに立つ人とでは「器」が違うのです。若くして“町工場を起こした人”が、やがてその町工場を“世界的な企業”に押し上げることは可能ですが、世界的企業に勤め重役にまでなった人が、町工場の社長に変われるかというと、それは出来ないのです。その根本にある「器」は、先天的な部分が大きいのですが、大きければよいというものでもなく、例えば借金でも“桁違いの借金”は「器」の大きい人しかできません。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.