今日の迷言・余言・禁言

人間の“運命”が掛かっている「赤ちゃんポスト」

熊本市の慈恵病院が「こうのとりのゆりかご=赤ちゃんポスト」の設置を始めて早9年になる。この間、百数十名の新生児がこのポストを経由して児童養護施設へと渡った。その後、里親になる人と巡り合う場合もあれば、実の親が“引き取りに表れる”ケースもある。最も悲惨なケースでは、父親がポストに預け、それをシングルマザーとなった母親が引き取り、けれどもやっぱり育てられずに母子自殺で亡くなった例もある。そうかと思うと立派な里親に引き取られて、心身とも健康に育っているケースもある。この病院の「SOS赤ちゃんとお母さんの相談窓口」には全国から年間5000件を超す電話が寄せられる。設置した当初の10倍以上だ。実際に預かるのは年間だいたい十数名だ。そのほとんどは生まれて7日以内の新生児であり、しかも自宅出産である。中学生や高校生、そうでなくても十代の母親が多い。熊本県という地域性もあって、北海道や東北から「ポスト」に来るケースはほとんどない。九州、四国、中国地方といった地域からの依頼者が圧倒的である。日本の場合、中学生や高校生で妊娠・出産した場合、その後の生活が大変である。入籍している場合は良いが、そうでないケースが圧倒的だからだ。一人悩んでいるうちに“堕胎が不可能な時期”に達してしまうケースも多い。私のところにたびたび相談に来ていた普通の主婦は、中学生の娘さんが“予期せぬ妊娠”をしてしまった時、慌てふためいて「先生、助けてください」と素っ頓狂な声を出した。実は、その数週間前、ボーイフレンドが出来たという娘さんのことを占って「一応、深い関係にならない方が良いと出ておりますので…」とアドバイスしたばかりだったのだ。その時、この主婦は「先生、その心配はありません。ボーイフレンドと言ったって、まだ中学生ですから…」と鼻で笑ったのだ。結局、すぐに堕胎し、二人は別れた。その後、娘さんは高校生となり、大学生となったが、よほど懲りたのか“勉強一筋”で、勉学や就職以外のことを診た記憶がない。“予期せぬ妊娠”は、人間の運命を大きく変える。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.