今日の迷言・余言・禁言

人間の“運命”が掛かっている「赤ちゃんポスト」

熊本市の慈恵病院が「こうのとりのゆりかご=赤ちゃんポスト」の設置を始めて早9年になる。この間、百数十名の新生児がこのポストを経由して児童養護施設へと渡った。その後、里親になる人と巡り合う場合もあれば、実の親が“引き取りに表れる”ケースもある。最も悲惨なケースでは、父親がポストに預け、それをシングルマザーとなった母親が引き取り、けれどもやっぱり育てられずに母子自殺で亡くなった例もある。そうかと思うと立派な里親に引き取られて、心身とも健康に育っているケースもある。この病院の「SOS赤ちゃんとお母さんの相談窓口」には全国から年間5000件を超す電話が寄せられる。設置した当初の10倍以上だ。実際に預かるのは年間だいたい十数名だ。そのほとんどは生まれて7日以内の新生児であり、しかも自宅出産である。中学生や高校生、そうでなくても十代の母親が多い。熊本県という地域性もあって、北海道や東北から「ポスト」に来るケースはほとんどない。九州、四国、中国地方といった地域からの依頼者が圧倒的である。日本の場合、中学生や高校生で妊娠・出産した場合、その後の生活が大変である。入籍している場合は良いが、そうでないケースが圧倒的だからだ。一人悩んでいるうちに“堕胎が不可能な時期”に達してしまうケースも多い。私のところにたびたび相談に来ていた普通の主婦は、中学生の娘さんが“予期せぬ妊娠”をしてしまった時、慌てふためいて「先生、助けてください」と素っ頓狂な声を出した。実は、その数週間前、ボーイフレンドが出来たという娘さんのことを占って「一応、深い関係にならない方が良いと出ておりますので…」とアドバイスしたばかりだったのだ。その時、この主婦は「先生、その心配はありません。ボーイフレンドと言ったって、まだ中学生ですから…」と鼻で笑ったのだ。結局、すぐに堕胎し、二人は別れた。その後、娘さんは高校生となり、大学生となったが、よほど懲りたのか“勉強一筋”で、勉学や就職以外のことを診た記憶がない。“予期せぬ妊娠”は、人間の運命を大きく変える。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.