今日の迷言・余言・禁言

人間の“運命”が掛かっている「赤ちゃんポスト」

熊本市の慈恵病院が「こうのとりのゆりかご=赤ちゃんポスト」の設置を始めて早9年になる。この間、百数十名の新生児がこのポストを経由して児童養護施設へと渡った。その後、里親になる人と巡り合う場合もあれば、実の親が“引き取りに表れる”ケースもある。最も悲惨なケースでは、父親がポストに預け、それをシングルマザーとなった母親が引き取り、けれどもやっぱり育てられずに母子自殺で亡くなった例もある。そうかと思うと立派な里親に引き取られて、心身とも健康に育っているケースもある。この病院の「SOS赤ちゃんとお母さんの相談窓口」には全国から年間5000件を超す電話が寄せられる。設置した当初の10倍以上だ。実際に預かるのは年間だいたい十数名だ。そのほとんどは生まれて7日以内の新生児であり、しかも自宅出産である。中学生や高校生、そうでなくても十代の母親が多い。熊本県という地域性もあって、北海道や東北から「ポスト」に来るケースはほとんどない。九州、四国、中国地方といった地域からの依頼者が圧倒的である。日本の場合、中学生や高校生で妊娠・出産した場合、その後の生活が大変である。入籍している場合は良いが、そうでないケースが圧倒的だからだ。一人悩んでいるうちに“堕胎が不可能な時期”に達してしまうケースも多い。私のところにたびたび相談に来ていた普通の主婦は、中学生の娘さんが“予期せぬ妊娠”をしてしまった時、慌てふためいて「先生、助けてください」と素っ頓狂な声を出した。実は、その数週間前、ボーイフレンドが出来たという娘さんのことを占って「一応、深い関係にならない方が良いと出ておりますので…」とアドバイスしたばかりだったのだ。その時、この主婦は「先生、その心配はありません。ボーイフレンドと言ったって、まだ中学生ですから…」と鼻で笑ったのだ。結局、すぐに堕胎し、二人は別れた。その後、娘さんは高校生となり、大学生となったが、よほど懲りたのか“勉強一筋”で、勉学や就職以外のことを診た記憶がない。“予期せぬ妊娠”は、人間の運命を大きく変える。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.