今日の迷言・余言・禁言

今年だけなのか、今年が始まりなのか⁉

連日、猛暑が続いているが、日本の猛暑など、デスバレーの人達から比べれば、表現がおかしいが「赤子の手をひねるような暑さ」に過ぎない。元々その地形的に暑くなりやすいカリフォルニア州のデスバレーだが、今年の夏は特別らしく8月16日には54.4度という信じられない暑さに見舞われた。もし、正式に認められれば「世界一の暑さ」として記録に残る。ただ、私が思うのは、これが本当に「世界一」なのか、それとも、今後この暑さはどんどん塗り替えられていく、その最初の年としての“暑さ”に過ぎないのか、という点である。何しろ、異常気象であることは森林保護防災局に寄せられた24時間だけの「山火事通報」が76か所に及んでいることでも明らかだ。17日の朝になっても39.9度までしか気温が下がらない。落雷数も一晩2500回。各地域で「火炎竜巻」と呼ばれる巨大な“火の渦”が巻き起こっている。どう考えても、地球がまだ「われわれの地球」として「落ち着く以前の地球」に戻ったかのような状態にある。今年は年初からおかしかったし、私は年初からそれを指摘してきた。豪雨による災害も、世界各地で頻発している。火山の噴火もたくさん起こっている。氷河も溶け出し、地震も頻発している。原初の地球が、人間が生きていくには過酷過ぎたように、あらゆる「防ぎようのない自然災害」が次々と襲ってきている2020年という年が、果たして「たまたま異常だったんだよ」と笑える年になるのか、それとも「あの年からすべてが始まったんだ」と恐れおののく年のスタートになるのか、予断を許さない。私は以前から「地球生命体」という表現を使って、地球そのものも“生きている”から、その“生物としての地球”の怒りを買ってはならないと主張していた。それは、どこぞの団体のような「地球環境保護」がどうこうということではなくて、いかにして「地球ヤドカリ生命体=人間」として“調和を保ちながら生きていくか”が重要という意味だが、それこそが私の捉える「風水」の根本なのだ。そういう意味で言えば、ヤドカリである人間は「自国ファースト」などと言っている場合ではない。みんなで手をつないで「地球生命体」のご機嫌を取って、手なずけて、怒りを納めてもらう、野獣の調教師のように“科学者たちが結束する時期”に来ている、と私は思うのだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.