今日の迷言・余言・禁言

今年だけなのか、今年が始まりなのか⁉

連日、猛暑が続いているが、日本の猛暑など、デスバレーの人達から比べれば、表現がおかしいが「赤子の手をひねるような暑さ」に過ぎない。元々その地形的に暑くなりやすいカリフォルニア州のデスバレーだが、今年の夏は特別らしく8月16日には54.4度という信じられない暑さに見舞われた。もし、正式に認められれば「世界一の暑さ」として記録に残る。ただ、私が思うのは、これが本当に「世界一」なのか、それとも、今後この暑さはどんどん塗り替えられていく、その最初の年としての“暑さ”に過ぎないのか、という点である。何しろ、異常気象であることは森林保護防災局に寄せられた24時間だけの「山火事通報」が76か所に及んでいることでも明らかだ。17日の朝になっても39.9度までしか気温が下がらない。落雷数も一晩2500回。各地域で「火炎竜巻」と呼ばれる巨大な“火の渦”が巻き起こっている。どう考えても、地球がまだ「われわれの地球」として「落ち着く以前の地球」に戻ったかのような状態にある。今年は年初からおかしかったし、私は年初からそれを指摘してきた。豪雨による災害も、世界各地で頻発している。火山の噴火もたくさん起こっている。氷河も溶け出し、地震も頻発している。原初の地球が、人間が生きていくには過酷過ぎたように、あらゆる「防ぎようのない自然災害」が次々と襲ってきている2020年という年が、果たして「たまたま異常だったんだよ」と笑える年になるのか、それとも「あの年からすべてが始まったんだ」と恐れおののく年のスタートになるのか、予断を許さない。私は以前から「地球生命体」という表現を使って、地球そのものも“生きている”から、その“生物としての地球”の怒りを買ってはならないと主張していた。それは、どこぞの団体のような「地球環境保護」がどうこうということではなくて、いかにして「地球ヤドカリ生命体=人間」として“調和を保ちながら生きていくか”が重要という意味だが、それこそが私の捉える「風水」の根本なのだ。そういう意味で言えば、ヤドカリである人間は「自国ファースト」などと言っている場合ではない。みんなで手をつないで「地球生命体」のご機嫌を取って、手なずけて、怒りを納めてもらう、野獣の調教師のように“科学者たちが結束する時期”に来ている、と私は思うのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.